Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

電話相談員は自費で参加のボランティア、運営資金の大半は寄付…自殺報道で報道機関が紹介する「いのちの窓口」の実態を知っている?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 「電話番号を伝えるだけ…で何かをやった気になるのは虫が良すぎるのではないか?」  自殺したとみられる著名人について報道機関が伝える際、併せて相談窓口「いのちの電話」の電話番号を周知するケースが増えている。竹内結子さんの急逝を伝えるニュースでも同様の取り組みが広がる中、報道機関に苦言を呈するのが、テレビ番組のディレクターとして自殺問題を取材してきた放送作家の大嶋智博氏だ。 【映像】メディアの“自殺報道“の伝える情報に課題も?

 「こういう相談窓口があるということを知っていただくことは大切だ。ただ、電話をかけてきた方々と向き合う“ゲートキーパー”たちがどのような状況にあるのかが、あまり知られていないと思う。実は相談してみようと思っても繋がらなかったり、受付時間が限られていたりすることも多い。それは人手もお金も足りないとい実情があるからだ。そこを知らせずに、“こういう窓口がある”ということだけを繰り返し放送し、書くのは無責任ではないかと考えている」。  そもそも、私たちはこうした窓口の実情をどれくらい知っているだろうか。

■「高齢ボランティアのコロナ感染リスクに考慮し、台数を減らさざるを得なかった」

 報道機関が紹介している「いのちの電話」は1971年に東京で始まった取り組みで、現在は全国に約50の拠点がある。去年の受信件数(全国)は62万367件に対し、相談員は約6100人。これは全員がボランティア(平均年齢は60歳)な上、研修に9カ月~2年の期間が必要だ。この研修の参加費(2~8万円程度、自治体によっては補助金支給)も自費だという。  「高齢のボランティアも多く、感染リスクを避けるためにコロナ禍では台数を減らさざるを得なかったし、そういう方々が若い世代からの相談を受け止めきれるのかという問題も出てくる」(大嶋氏)。

 受付時間はそれぞれ異なっているが、緊急事態宣言で13の拠点が相談を休止、今も時間短縮している拠点がある。「東京いのちの電話」でも、24時間から日・月・火は午前8時~午後10時、「千葉いのちの電話」では午前7時半~午後9時半と受付時間を短縮、また、相談員の新規研修も各地で中止になっているという。  「東京いのちの電話」の場合、1件の電話の平均時間は29.6分だ、また、大阪府にある「関西いのちの電話」では、月に2000件の電話を受け付けているが、1件の相談が2時間近くに及ぶこともあるという。しかもコロナ禍でかかってくる電話は10倍以上に増えており、24時間休まずに電話を取り続けても、「取り切れない状態」だという。

【関連記事】