Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

営業再開した東京ディズニーランド、どう変わった? 初日に来園したゲストに聞きました

配信

ねとらぼ

 約4カ月の休園を経て、7月1日に東京ディズニーリゾートが営業を再開しました。新型コロナウイルス感染予防対策がとられた園内は、休園以前とどのように変わったのでしょうか? 待望の営業再開に歓喜するパークの様子を来園したゲストにインタビューしました。現地の様子を写真とともに紹介します。 【画像20枚超】ディズニーランドの様子を見る  2月29日より臨時休園となり、複数回の休園期間延長を経て、6月23日に再開日が「7月1日」と決定した東京ディズニーリゾート。両パークの再開にあたり、政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処指針」をふまえて作成された「遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に沿った対策を講じています。また、「行政機関からの指導のもと、ゲストの皆様とキャストの健康と安全の確保を最優先に運営してまいります」としています。  再開に向けて、来園するゲストへの動画も紹介されました。動画では、エントランスでの待機方法やアトラクション、飲食店におけるソーシャルディスタンシングについて説明されています。パークでは一体どのように実施されていたのでしょうか。

感極まって泣き出すゲストも――営業再開初日のパーク

 今回、ねとらぼのインタビューに答えてくれたのはディズニーファン歴20年の女性ゲストDさん。両パークの年間パスポートを所持し、毎月来園していたそうです。  当面の間、両パークは日付・時間指定の1デーパスポートでのみ入場ができるという、非常に入園者の数を絞った状態で運営されます。6月26日15時から発売された7月分の1デーパスポートは、アクセスの殺到によりサーバーダウン。深夜帯や翌日もアクセス多数でなかなか接続されませんでした。  Dさんは17時から5時間半かけ、東京ディズニーランドの7月1日のチケットをなんとか購入できたのだとか。まさに執念と根気で手に入れたチケットです。通勤通学時間帯の電車使用を避け、11時からの入園できるチケットを選択。「来園時のリスクをできるだけ減らしたかったです」と話します。  7月1日の開園時間にはオリエンタルランド代表取締役会長兼CEOの加賀見俊夫さんから挨拶(あいさつ)がありました。  「みなさまを再び東京ディズニーリゾートにお迎えできることを、全キャストともども、心からうれしく思っております。パークの再開にあたっては、ゲストのみなさまとキャストの健康と安全を最優先に考えた新たな対策を検討し、準備を重ねてまいりました。ゲストのみなさま全員に安心してパークを楽しんでいただけるよう、ぜひご理解とご協力をお願いいたします。魔法あふれるディズニーテーマパークの世界を存分にお楽しみください」(全文)  Dさんによると、この挨拶は時間指定チケットの入園時間にも再生されたといいます。  「ワールドバザールではキャストたちが盛大にゲストを迎えてくれました。両手で手を振り『おかえりなさい』と声をかけるキャストに、感極まって泣き出すゲストもいました。マスク越しでも笑顔が伝わってきてうれしかったです」(Dさん)

【関連記事】