Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

松本大洋、浅野いにお、石塚真一ら20名のマンガ家が描く東京。「漫画『もしも東京』展」が開催へ

配信

美術手帖

 2020年夏、東京都現代美術館で「漫画『もしも東京』展」が、アーツカウンシル東京が主催するTokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13のひとつとして行われる。  本展は、日本を代表するマンガ家たちが「東京」をマンガ作品で残すというアートプロジェクト。参加する20名がそれぞれの視点と思いで、展示作品として新作マンガを描き下ろす。  参加マンガ家は『ピンポン』『鉄コン筋クリート』で知られる松本大洋、『ソラニン』『おやすみプンプン』の浅野いにお、『BLUE GIANT』の石塚真一、『ポーの一族』『11人いる!』の萩尾望都をはじめ、安倍夜郎、石黒正数、市川春子、岩本ナオ、太田垣康男、大童澄瞳、奥浩哉、小畑友紀、黒田硫黄、咲坂伊緒、出水ぽすか、昌原光一、松井優征、望月ミネタロウ、山下和美、吉田戦車。  まだ詳細が明らかにされていない本展だが、現在YouTubeではティザー動画が公開中。またとないマンガ展の続報を、楽しみに待ちたい。

【関連記事】