Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『アンドロメダ...』パンデミックを予言!?未知の病原体と対峙するハードSF(前編)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CINEMORE

パンデミックを描いた映画

 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響で、未知の病原体の危険性を描いたSF映画『アンドロメダ...』(71)に再び注目が集まっている。そこで今回は、この映画の魅力を2回に渡って分析してみたい。  現在ネット上には、「パンデミックを予言していた」と言われる映画の名前(*1)が、数多く挙がっている。今回取り上げる『アンドロメダ...』もその1本で、ニューメキシコ州の小さな村ピードモント(架空の村)に落下した、スクープという軍事衛星のカプセルに未知の病原体が付着しており、村の住人や衛星の回収に向かった軍人が、謎の死を遂げるという所からストーリーが始まる。 *1 例えば、『ザ・クレイジーズ』(73)、『Plague』(79)、『復活の日』(80)、『アウトブレイク』(95)、『Contagious』(97)、『感染列島』(09)、『コンテイジョン』(11)、『ヨンガシ 変種増殖』(12)、『FLU 運命の36時間』(13)、『コンテインメント』(15)などといった作品だ。これらは主に、感染爆発による社会秩序の崩壊や、医療現場におけるパニックを描いている。  その一方で、『カサンドラ・クロス』(76)や『12モンキーズ』(95)、『フェーズ6』(09)、リブート版『猿の惑星』シリーズ(11/14/17)などのように、あくまでパンデミックを物語の背景として用いている作品もある。  この系統で圧倒的に多いジャンルが、『The Last Man on Earth』(64)、『地球最後の男 オメガマン』(71)、『28日後…』(02)、『バイオハザード』シリーズ(02/04/07/10/12/16)、『アイ・アム・レジェンド』(07)、『ワールド・ウォーZ』(13)、『新感染 ファイナル・エクスプレス』(16)、『PANDEMIC パンデミック』(16)などといったゾンビ系映画だ。  また、ゾンビ系映画として語られることはほとんどないが、H・G・ウェルズ原作のSF映画『来るべき世界』(36)では、戦争と疫病で荒廃した1966年のエヴリタウンが登場する。その疫病の描写は、意識を失った人々が彷徨するというもので、人肉こそ喰わないがゾンビそのものだ。

【関連記事】