Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アイントホーフェンの生誕100周年を記念…PSVが新シーズンキットを発表

配信

SOCCER KING

 プーマは、サプライヤーを務めるPSVが2020-21シーズンに着用する新ホームキットを発表した。  プーマは日本代表MF堂安律が所属しているPSVのサプライヤーとしてユニフォームを手掛けており、今回新シーズンに向けて新たなユニフォームを発表した。同社は新キットについて「本キットは、プーマとPSVアイントホーフェンとのパートナーシップ、およびアイントホーフェン市の100周年を記念して誕生しました。街を象徴する「Vibes(バイブス)」ロゴをアレンジしたクラシックな赤と白のストライプは、テクノロジー、デザイン、知識を共有するパワーを意味します。伝統と、日々変化する都市の理想的な未来を反映したユニフォームです。クラブと深いつながりがあるアイントホーフェンは、別名“ The City of Light(光の街)”。世界有数のメーカーや冒険的でイノベーティブな発明家が多く集まる、屈指のハイテク都市です。人々は皆、一致団結して新しい未来をつくる、創造的なマインドで溢れています。街は、そのようなクリエイティブな人々とのコラボレーションを基盤とし、クラブのモットーである「Unity Is Strength(団結は力なり)」を具現化しています」と説明している。  また、PSVのコマーシャルディレクターを務めるフランス・ヤンセン氏は「プーマとのパートナーシップにおける初のユニフォームは、街との強いつながりを象徴しています。世界で最も革新的な都市としても知られるアイントホーフェンは、今年で生誕100周年を迎えました。これを記念して、赤と白のストライプで知られるアイントホーフェンのロゴ、Vibesをユニフォームに表現しました」とコンセプトについて語った。  新ユニフォームは、男子、女子、ユースチーム、およびEスポーツのチームが今シーズンから着用する予定。7月17日からプーマストア、プーマ公式オンラインストア、プーマ取扱い店の一部にて販売される。

SOCCER KING

【関連記事】