Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本橋兜町〈K5〉のレストランやバーはグローバルな雰囲気満点|寺尾妙子のNEWSなレストラン

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Casa BRUTUS.com

■ CAVEMAN

日本初の銀行の別館として、大正12年(1923年)に建てられた歴史的建造物をスウェーデンのデザインユニットClaesson Koivisto Rune(CKR)がリノベーションした複合施設〈K5〉。2月のオープン後いったん休業していたが、5月7日からホテルの営業を再開し、一部の店舗では営業、テイクアウトがはじまった。ボーダレスな空気に満ちた心地いいレストランやバーをご紹介。 ホテルのメインダイニング的な役割も果たす〈CAVEMAN(ケイヴマン)〉は、発酵にフォーカスした料理でフーディーズから話題の目黒〈kabi〉の姉妹店。イタリアンで料理人人生に足を踏み入れ、北欧で初めてミシュラン3ツ星を獲得したノルウェー〈MAAEMO〉でスーシェフを務めたというオーナーシェフ、黒田敦喜がつくるのは日本の食材を用い、イタリアや北欧の技法を駆使してつくる11皿からなるコースだ。 牧草で燻製したトマトや天然酵母を具にしたかき揚げなど、思いもよらぬアプローチで、枠組を超えた品々に意表を突かれまくる。 アリなどの昆虫類や木の枝などにまで、食材としての可能性を求める北欧のガストロノミー界に身をおいたシェフ、黒田は言う。 「素材も調理法も種類は無限大にあります。そんななかで目一杯、自由に料理をつくっていきたい」 今、東京で最も先鋭的なレストランがここかもしれない。 〈CAVEMAN〉 TEL 03 5847 1112。7時30分~11時LO、18時~20時入店。不定休。朝食1,200円~。夜はコースのみ、9,000円(要予約)。ワインはグラス1,000円~、ボトル6,500円~。ドリンクペアリングはアルコール7,000円、ノンアルコール5,000円。最新の情報は〈K5〉の公式サイトにてご確認を。

■ B

地階ワンフロアを丸ごと占めるのが、アメリカのクラフトビールに革命を起こしたと言われる老舗ブルワリー、NY〈Brooklyn Brewery〉による世界初のフラッグシップ店である。 生ビールは全部で9種類。一番人気を誇る「ブルックリンラガー」のクリーミーな泡と深いコクはさすが! ほか、意外なほどシャープな酸味がクセになりそうなものや日本初入荷のシーズナルアイテムなどが、2~3度と心地よい温度でサーブされる。また、瓶ビールもバーボン樽で寝かせたフルボディや〈ブルーボトルコーヒー〉とコラボレーションしたコーヒー風味のビールなど、レアアイテムを揃えている。ビール好きなら、全種類制覇したくなるはずだ。 〈B〉 TEL 03 6661 0616。16時~22時30分LO、土・日曜13時~22時30分LO。不定休。タコス350円~、サイドメニュー500円~。生ビール680円~。

【関連記事】