Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

矢板中央 高橋健二監督「サッカーをできていたことが『本当に幸せだった』」

配信

高校サッカードットコム

※取材は栃木県の緊急事態宣言解除前に実施。  学校が休校となり、ほとんどのチームが活動を自粛している。その中で指導者たちは試行錯誤しながら、子供たちと懸命に向き合っている最中だ。矢板中央ではメンタル面のケアを図りながら、10年後の未来を見据えて新たな目標設定を選手たちに促している。 【フォトギャラリー】矢板中央サッカー部  ただ、不安なのは進路。インターハイなどの公式戦が中止となり、大学進学やプロ入りなどに向けてアピールをできない選手たちの心中は穏やかと言えないだろう。ただ、そうした現状を救うべく、指導者たちも動き出している。後編の今回は高橋健二監督に子供たちの進路について話を伺った。 ーー以前から子供たちに「サッカーは人生と一緒だ」とおっしゃっていました。その意味でも、矢板中央が今まで取り組みが試される時期に来たのではないでしょうか。 「サッカーは人生と一緒だ」。これを体現していく時期に来たと思います。これはピッチだけではなく、ピッチ外のところで危機管理をして感染予防につなげていく。関わる人や家族、チームメイトに感染させないことが大切になってくるので、意識しながらやっていきたいですね。ただ、不安な点はテレビとかネットなどのネガティブな報道で、気持ちが左右されてしまう点です。だからこそ、大切なのは人と人の繋がりで、心の安定や成長につながるんです。大切な仲間とともに生きていく考え方を意識して欲しいですね。 ーー勉強面も不安ですよね。 学校再開時に個人差が出るかもしれません。長期の休校は初めての体験で、我々も未知の部分が大きいんです。これからの時代、今までの常識が通じなくなってきているので新しい方法論を考えて、勉強に取り組む考え方が大事ではないでしょうか。 ーー子供たちは普段の目標を見失った影響はありますか? 子供たちは初めての経験で分からないだろうし、僕たちも手探りです。本来であれば、全国大会に向かっていろんな取り組みをしていた時期でした。全国大会出場、リーグ戦の勝利。今までは目先の目標を設定して子供たちに伝えていましたが、今は定められません。なので、目の前の勝利よりも卒業後など、未来を見据えた目標設定に切り替えないといけないんです。 ーー今まで以上に将来を見据えて目標設定をしないといけないですよね。 そうです。リーグ戦とか目先の大会に集中して勝つためにやってきましたが、大会がなくなってしまって目的がなくなったときに未来に向かって今何をすべきか。そこを考えながら、感染防止をしつつ、勉強にも取り組む。あと、私が子供たちに言っているのはネットを利用しながら、今だからこそ将来のために勉強を進めていくことです。今までは部活ばかりでできなかった取り組みがあったはずで、子供たちは休まずに部活と学校で自分と向き合ってきました。今の時間をどう有効に活用するかで、未来が変わります。進路のための情報収集や読書。感染を防止した上で、日頃できないチャレンジに取り組んでほしいですね。

【関連記事】