Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

波瑠、“恋愛をさぼってきた”産業医に「自分のダメなところを見ているよう」新ドラマ「#リモラブ 」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
cinemacafe.net

波瑠が「世界一難しい恋」を手掛けたチームと再タッグ、社員の健康を守る産業医を演じる恋愛ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」が、10月スタートの日本テレビ系新水曜ドラマに決定した。 【画像】波瑠は、日本テレビ連続ドラマ2年ぶりの主演 本作は、「きょうは会社休みます。」「世界一難しい恋」のスタッフが贈る恋愛弱者のラブコメ第3弾。脚本は、「ホタルノヒカリ」や連続テレビ小説「スカーレット」などの水橋文美江が手掛ける。 主演を務めるのは、日本テレビ連続ドラマ2年ぶりの主演となる波瑠。ドSで完璧主義な産業医・大桜美々(おおざくらみみ)を演じる。 産業医とは「企業において労働者の健康管理を行う医師」。「社員よ健やかに生きやがれ」をモットーに、社員たちの健康を守るために産業医として忙しい日々を送る大桜美々だったが、いまから半年前のコロナパニック…。 新しい日常は、産業医の彼女にとっては対応に追われる苦難の日々。でも、その努力でなんとか会社とその社員たちを守れた、と自負もしている。ただ、そのことが彼女に「恋をしたい」という謎の感情を抱かせることになろうとは、自身も想像だにしていなかった。オンラインで知り合った、顔も名前も分からない相手にSNSで恋をした彼女。恋した相手はどうやら社内にいるらしい!? 大桜美々の恋が始まった――。 今回、波瑠さんが演じるのは、会社の実情や忖度は受け付けない、完璧主義で口うるさく、社内から“診療室の独裁者”と恐れられている産業医=企業内診療所勤務の常勤医。当然、その独裁者っぷりはプライベートではまったく害悪でしかなく、学生時代、多少恋愛はしたが「頑張るのは仕事で十分」と思ういま、「恋愛をさぼってきた」ことに彼女はまだ気づいていない。 そんな主人公に「年齢も同じくらいで、一人でいる快適さも知っていて、恋愛を頑張ってこなかったところなど、掘り下げていけば自分との共通点がいっぱい見つけられそうです。ただ、自分のダメなところを見ているようで嫌になりそうです。(笑)」と言いながらも、「演じるのがすごく楽しみ」とコメント。 「朝ドラの撮影から東京に戻ってきて参加した初めての作品、『世界一難しい恋』の制作チームで、頼りになる皆さんがたくさんいらっしゃるので、のびのびと頑張れたらいいな」と現場への信頼を語り、「久しぶりに『恋愛をしてみよう』と思う、もしかしたら、少し高飛車に見えるかもしれない女性ですが、うまくいかないことに悩んだり、泣いたり、でも、笑えたり、ジタバタしながら新しい恋に踏み出そうと頑張っていく、恋愛ドラマをぜひ、楽しみにして頂きたい」と自身でも期待を寄せている。 「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」は10月期、水曜22時~日本テレビ系にて放送。

シネマカフェ text:cinemacafe.net

【関連記事】