Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【K-1】延期の新生K-1初の福岡大会は1万人規模の会場で11月3日に開催決定

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
イーファイト

 新生K-1初となる福岡大会「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN」が11月3日(火・祝)福岡国際センターにて開催が決定した。 【フォト】福岡出身同士のK-JeeとRUIが打ち合い、K-Jeeが王者に  当初は7月26日(日)に同会場にて開催が予定されていたが新型コロナの影響で6月6日に延期を発表、代替日程は調整中とされたが、昨夜、正式に開催日が発表された。  福岡大会といえば、K-1の創始者である石井和義の旧K-1体制時代は1997年からマリンメッセ福岡で2009年まで度々開催され、集客も1万800人を記録するなど満員を連発した。  今回開催される福岡国際センターも最大収容数1万人、現在は、行政のコロナ対策から、会場キャパの半数が原則だが、大会場でも上限5000人という規制がある。開催される11月にはコロナ騒動も収まり、集客規制のない以前のような盛り上がりに期待したい。  なお、福岡出身のK-1ファイターには、初代Krushクルーザー級王座決定トーナメント決勝戦で対戦したK-Jee(K-1ジム福岡チームbeginning)とRUI(K-1ジム蒲田チームキングス)や、朝久泰央・裕貴兄弟(朝久道場)、今年頭角を現したSATORU成合(K-1ジム総本部チームペガサス)などが挙げられる。大会の詳細、チケット発売日は後日発表されるという。

【関連記事】