Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

味わい深い“キング”石橋伸洋、「噛めば噛むほど味が出る」硬軟自在の麻雀で狙う連覇/麻雀・Mリーグ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 SNSをはじめネット上での人気は、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」の選手の中でもトップクラスと言っていい。2019シーズン、セミファイナル以降の大活躍で“キング”の愛称が定着したU-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)は、「それだけ僕にキャラクターがないということ」と柔和な笑顔を見せた。「噛めば噛むほど味が出る」というチームの強みを体現するデジタル雀士は、硬軟自在の麻雀で虎視眈々と連覇を狙っている。 【動画】石橋伸洋、2019シーズンハイライト -2019シーズンはセミファイナル以降に大活躍。チームの優勝に大きく貢献した。 石橋伸洋(以下、石橋)  打ち方は変えていないつもりですし、僕自身はあまりそう思っていないんですけど、いわゆる「調子がいい」という状態になりましたね(笑)。逆にレギュラーシーズンは2年連続で結果が出ませんでした。逆連対(3~4着)が続いていた時期には、「気持ちの問題もあるんじゃないか」と考え込んでしまったり……。「なんとかしたい」というプレッシャーはレギュラーシーズンのほうが大きくて、相対的にセミファイナル以降のほうが開き直って気楽に打てた面はあるかもしれません。 石橋によると、2年間の経験を通じて「Mリーグではこういう麻雀がいいんじゃないか」という感覚が徐々に掴めてきているという。状況に応じてさまざまな戦術を使い分ける器用なタイプだけに、対戦相手の特徴を把握したことによる「間合いの取り方」の改善が、セミファイナル以降の好調の要因となった可能性もある。 -具体的に手応えを感じているポイントは? 石橋  仕掛けだったりリーチの打点のレンジだったり、「この人だったらこう打つ」というのが自分のイメージに近づいてきています。特に昨シーズンの序盤は沢崎(誠)さんがどんな麻雀を打つか掴めていないところがあったんですけど、そういった部分はかなり減ってくるんじゃないかな、と。そのイメージの合致が成績につながっていけばいいですね。  U-NEXT Pirates が勝利した際にツイートする「しゃああああああああ!」という歓喜の雄叫びなど、Twitterで多くのファンと盛り上がりを共有している石橋。また、南場での強さを表現した「南場のキング」というフレーズが転じて、 “黒いデジタル”に代わる“キング”という異名もネット上を中心に広く使われることになった。

【関連記事】