Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

張本が3000本安打を達成した球団は? バッキー、宇野勝…あまり知られていない有名選手の意外な在籍球団

配信

THE DIGEST

 一つクイズを出そう。 「張本勲が通算3000本安打を達成した時に所属していた球団はどこか?」  17年間在籍した東映でも、王貞治とOH砲を形成した巨人でもなく、答えはロッテである。1979年オフ、張本は金銭トレードで巨人からロッテに移籍。この時点で通算2961安打を記録しており、80年に史上初の通算3000本安打に到達した。だが、この時すでに40歳。衰えは隠せず、在籍2年間で計124安打に終わり、81年限りで引退している。  張本に限らず、プロ野球の歴史を紐解くと、「この選手がこの球団にいたんだ……」と驚かされることがある。今回は「名選手の意外な在籍球団」を紹介しよう。 ▼スタンカ(1966/南海→大洋)&バッキー(1969/阪神→近鉄)  ともに60年代、在阪球団でエースとして活躍し、通算100勝を挙げた外国人投手。南海で活躍したスタンカは64年に26勝でシーズンMVPを受賞。一方、阪神のエースだったバッキーもこの年、リーグ最多の29勝を挙げて外国人では史上初の沢村賞に輝き、それぞれ優勝に貢献した。  だが65年オフ、スタンカは最愛の長男を事故で亡くし、そのショックで南海を退団。夫人の薦めで大洋に入団するも、6勝13敗と大きく負け越して1年で解雇された。一方のバッキーは68年、巨人戦での乱闘で利き手である右手の親指を骨折し、この年のオフに金銭トレードで近鉄へ移籍。だが、1勝も挙げられないまま引退した。   ▼榎本喜八(1972/ロッテ→西鉄)  坂本勇人(巨人)が彼の持つ最年少2000本安打の記録に迫っていたことから、最近になって再び脚光を浴びた史上屈指の安打製造機。早稲田実業からロッテに入団した55年に新人王を受賞。首位打者2回、最多安打を4回獲得し、山内一弘らと“大毎ミサイル打線”を牽引したが、不振に終わった71年オフに西鉄へトレードで放出された。洗練された打撃技術を若手に伝えるのを期待されてのことだったが、試合前に座禅を組むなど独特すぎる練習法を理解できる者はおらず、在籍1年でユニフォームを脱いだ。 ▼高橋慶彦(1990/広島→ロッテ、1991/ロッテ→阪神)  80年代の赤ヘル黄金時代を支えた不動の1番打者。盗塁王を3度獲得し、通算477盗塁は歴代5位。79年には日本記録となる33試合連続安打も記録している。イケメンのプレイボーイでもあり、広島では随一の人気選手だった。ただ、頑固な性格が災いしてしばしば周囲と衝突し、89年オフにトレードでロッテへ移籍。だが、打率.207に終わって1年で阪神へ放出され、92年限りで現役を引退した。ロッテ移籍時点では通算2000本安打まで残り259安打に迫っていたが、その後3年間でわずか85安打しか打てず、名球会入りは果たせなかった。  

【関連記事】