Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

栃木ゴールデンブレーブス・川崎宗則インタビュー 野球を楽しむために──

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

川崎宗則が帰ってくる。9月7日、BCL/栃木への入団が正式に発表となり、2017年以来3年ぶりに日本でのプレーが決定した。このインタビューは栃木での練習参加直前に行ったもので、ホークス退団後から現在まで、そしてこれからのターゲットについて語ったもの。野球への情熱はいまなお、熱くたぎっている。 インタビュアー=田中大貴 ――BCL/栃木の練習に参加するというニュースに、日本のファンの皆さんはすぐに反応、喜びの声も多く聞こえています(※8月24日から練習に参加し、同28日に契約合意、9月7日に入団会見を実施)。 川崎 契約をするかどうかは、実際に練習参加してみてからと思っていました。チームはいろいろと僕のことを考えてくれているのですが、実際に練習に参加してみて、どんなものか見せてもらいたいなと。 ――練習参加はパフォーマンス的なものかと受け止めていましたが。 川崎 違うんですよ。練習に参加してみて、イメージと違うな、となれば契約しない可能性も。まだまだ野球を続けていくわけですから、ケガは避けなくてはいけないですし、練習環境も重要。チームの雰囲気もそうだし、僕なりに最低限、譲れないラインもあって、それがOKならば契約をしようと。監督は年下ですけど元巨人の寺内(寺内崇幸)さんだし、コーチングスタッフもみんな元NPB出身のプロの方々ですから、その辺は問題ないかなと思うんですけど。9月からは昨年から栃木にいる剛(西岡剛)も帰ってくる(※9月1日に契約更新。同7日に川崎とともに会見出席)。練習参加に当たっては、剛からもいろいろと情報をもらっていたんです。 ――西岡選手からの誘いがキッカケ。 川崎 もともとは今回のタイミングよりももっと前、昨年、台湾(味全)に行く前くらいのときに、エイジェック(※栃木のトップパートナー企業)にいて、以前はホークスでコーチをされていた五十嵐章人さんから「栃木は良い球団だから来てみないか?」と声をかけてもらったのがキッカケです。ただ、最初のタイミングでは台湾に行くことが決まっていて、お断りしていたんですけど、今回また誘っていただけて。剛からも「一緒にやりましょう」って、しょっちゅう言われていたので、いろいろ聞いてみたら、「BCL、楽しいですよ」と。日本の独立リーグに興味がないわけではなかったですし、運営方法も気になる。ちょっと行ってみようかな、ということで。 ――入団が決まれば、2006年のWBCで優勝を勝ち取った、西岡選手との、世界一の日本代表二遊間コンビが復活することになります。 川崎 そう! それはちょっと楽しみなんですよね。栃木では僕がショートで、剛がセカンドね。 ――昨年オフに台湾の味全を退団してからここまで、ずっと個人で活動をしていたと聞いています。 川崎 今季に関しては台湾でのプレーを模索していて、社会人チームからのお話もあったんですが、コロナの問題とかいろいろ重なって、実現しませんでした。でも、台湾は11~12月まで試合をしていますから。ただ、実戦から遠ざかった状態で台湾に行くのも厳しくて、そういう意味で、栃木から声をかけてもらって、実戦の機会を得られるチャンスがあるというのは、ありがたいです。 ――時間を少し戻してお話を聞きたいのですけど、味全退団後、ここまでどのように過ごしていたのですか。 川崎 子育てとか(笑)? もちろん、毎日体を動かしていましたよ。野球のトレーニングの時間は週に4~5日間、それ以外は・・・

本文:6,517文字

写真:9
  • 栃木ゴールデンブレーブス・川崎宗則インタビュー 野球を楽しむために──
  • BCL/栃木との契約前には練習に参加。ハツラツとしたプレーを見せた。/写真=高塩隆
  • もちろん、グラウンド整備も自分で/写真=高塩隆
  • 栃木ゴールデンブレーブス・川崎宗則インタビュー 野球を楽しむために──

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

週刊ベースボール