Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日産3代目「シルビア」に兄弟車「ガゼール」登場! 唯一のリトラモデルである4代目の魅力

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
くるまのニュース

モータースポーツでの活躍も目覚ましい3代目シルビア

 いまでも人気が衰えることがない日産「シルビア」。3代目モデルは1979年3月に登場しました。 【画像】兄弟車「ガゼール」も登場! 3代目・4代目シルビアをチェック(28枚)  先代の2代目モデルはトヨタ「セリカ」をライバル視するあまり、シルビアらしさを失っていましたが、3代目となって当時流行の角目4灯ヘッドライトや、直線基調のシャープで近未来的なデザインを採り入れました。

 プラットフォームも新しくなり、それまでリーフリジッド式だったリアサスペンションは4リンク/コイル式となり、エンジンも53年規制に適合した「Z18型」のほか、新たに2リッターのZ20型も用意され、一気に近代化と高性能化が進んだモデルだといえます。  ラインナップは、従来型から引き継がれた2ドアハードトップのほか、登場から5か月後には大きなリアゲートを持った3ドアハッチバックも追加され、さらにシルビアを取り扱っていない販売店向けの兄弟車「ガゼール」も登場。  シルビアとガゼールは基本的に共通のメカニズムを持ちますが、販売店のユーザー層を考慮して、ガゼールはシルビアよりやや上級なキャラクターとなっていました。  ちなみに兄弟車のガゼールは、あの往年の刑事ドラマ「西部警察」の劇中で、石原裕次郎演じる小暮課長の愛車としても登場。通常のラインナップには存在しない、オープン仕様に憧れた人も多かったのではないでしょうか。  1981年5月にはマイナーチェンジが実施され、シルビアとしては初のターボ仕様となるZ18ET型エンジンを搭載したモデルを追加。  1982年4月には「スカイライン」にも搭載された直列4気筒DOHC16バルブのFJ20E型エンジンを搭載したモデルが追加されるなど、スポーツ&スペシャリティカーの名に恥じないアップデートが重ねられていたのです。  そして3代目シルビアを語る上で忘れてはならないのが、モータースポーツでの活躍です。当時日本国内で高い人気を誇ったスーパーシルエットレースや、世界ラリー選手権(WRC)など、シルビアはカテゴリを問わずに活躍をしていました。  なかでもグループB カーによって争われていたWRCに参戦するため、シルビアの2ドアモデルをベースに200台ほどが作られたホモロゲーションモデルの「240RS」は別格で、ほぼ専用設計となる2.4リッターのFJ24型エンジンを搭載し、240PSを発生するモンスターマシンだったのです。

【関連記事】