Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

誰もいなかった渋野日向子の出国、気分が高揚した片山晋呉の出国【現場記者の“こぼれ話”】

配信

ゴルフ情報ALBA.Net

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界各国で中止が余儀なくされているゴルフトーナメント。国内女子ツアーは「アース・モンダミンカップ」で開幕することができたが、次戦の見通しは立っていない。そんな状況のなか、少しでもツアーに思いを馳せてもらおうとツアー取材担当が見た選手の意外な素顔や強さの秘訣、思い出の取材などを紹介。今回は出国会見について。 渋野日向子が教えてくれたおうちストレッチ【動画】 私たち記者は出張がほとんどで、必然的に空港を利用することが多くなります。そのほかにも、選手が海外の大会に向けて出発する際の“出国取材”でも空港に行くことが多くあります。よくテレビで見る、アスリートがパスポートとチケットを手にして抱負を語って保安検査場に入っていくあのシーンです。 最近でいうと、松山英樹プロや石川遼プロ、鈴木愛プロに畑岡奈紗プロ。先日開催された「アース・モンダミンカップ」で5年ぶりの優勝を遂げた渡邉彩香プロが海外メジャーに出場した際にも空港まで見送りに行きました。そして、今でも印象に残っているのが4年前の片山晋呉プロと昨年の渋野日向子プロです。 4年前のリオ五輪前、片山プロが羽田空港から飛び立ちました。112年ぶりにゴルフが五輪競技に復活する記念すべき大会。日本代表のスーツに身を包んだ片山プロや関係者の方々、預ける荷物も日本代表専用のものばかり。日の丸があしらわれたキャリーケースなどを見て、気分が高揚したのを覚えています。 そのときは片山プロも興奮しているように見えました。普段から私たちが記事で使いやすい言葉を使い、リップサービスも豊富で気遣いのある片山プロですが、あの日は特に饒舌(じょうぜつ)で、ジョークを交えながらもメダルを獲りたいと興奮気味に話していました。メダル獲得の帰国会見があればどうなっていたのか…。他種目担当の記者の方にとってはよくあることなのかもしれませんが、とにかく、日の丸にあふれた出国はいま思い出しても鳥肌ものです。 そして昨年の7月25日。渋野プロが「全英AIG女子オープン」出場のため日本を飛び立ちました。帰国時には、ハリウッドのスーパースター来日以上の盛り上がりで迎えられたのは報道されていますが、実はこの出国の際にはメディアは私一人でした。 出発の情報を聞いて、見送りに行きたいと話すと快くOKをいただきました。話も聞けるということで、マンツーマンの取材となりました。当時は国内で2勝を挙げ、すでに注目選手の一人でしたが、いわゆる出国会見をするような存在ではなかった。確かに畑岡プロや鈴木プロなど、実績では上をいく選手がほかにもいたから仕方ないことでしょう。でも、初めて海外の試合に赴く渋野プロがどんな感じなのか気になったので、行ってみた。いま思えばそんな軽い気持ちと好奇心だったのかもしれません。 その後は私も全英に向かい、あの感動と驚きの優勝を生で見るわけですが、出国の際にはまさかあんなことになるとは思ってもいませんでした。イングランドからの帰国ではいろいろトラブルもあり、渋野プロよりあとに帰国することになったため、数百人が集まった帰国のフィーバーを見ることはできませんでした。せっかく出発、歴史的優勝と見届けてきたのに…。 出発の際のこの写真はいまとなってはとても貴重なものになりました。今年も全英が開催され、渋野プロも出場を宣言しています。こんな事態ですから出国での会見があるかは不明ですが、もしあるならまた話を聞きに行って見送りたいと思います。大勢の報道陣が詰めかける中の一人として。(文・高桑均) (撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】