Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ホンダF1】八郷社長が祝福「ドラマチックな展開で本当にドキドキが止まらない名勝負」/F1イタリアGP

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TopNews

F1第8戦イタリアGP(6日、モンツァ)の決勝レースで、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが初優勝。ホンダはアルファタウリと記念すべき50戦目という節目での優勝を果たした。 ●【決勝レース結果】2020年F1第8戦イタリアGP決勝レースのタイム差、周回数 波乱の決勝レースで予選10番手から優勝したガスリーとスクーデリア・アルファタウリに、ホンダの八郷社長が次のような祝福と感謝のメッセージを贈った。 ■八郷隆弘社長のコメント(本田技研工業株式会社 代表取締役社長) 「初優勝を挙げたピエール・ガスリー選手を心から祝福します。本当におめでとう!ドラマチックな展開で本当にドキドキが止まらない名勝負でした。 ガスリー選手はどんなときでもあきらめずにチャレンジを続け、昨年のブラジルグランプリでの2位入賞に続き、今回のレースでも見事にチャンスをつかみ取りました。チャレンジング・スピリットはHondaの企業姿勢にも通ずるものですが、この快挙は我々を大きく勇気づけるものとなりました。 前身であるスクーデリア・トロロッソの頃からHondaとともに歩み始め、今大会が50戦目という節目のレースでの優勝となりました。フランツ・トスト代表をはじめとするスクーデリア・アルファタウリのチームメンバーおよび関係者の方々、そしていつも応援して下さるファンの皆さまにHondaを代表して感謝を申し上げるとともに、喜びを分かち合いたいと思います。 2020シーズンはまだ半分を残していますが、Hondaはスクーデリア・アルファタウリとレッドブル・レーシングの両チームと力を合わせてあくなきチャレンジを続けてまいりますので、これからもご声援をよろしくお願いします」

【関連記事】