Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スーパーフォーミュラ・ライツ:53歳影山正美がSFLを初ドライブ。「メチャクチャ面白いですよ!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オートスポーツweb

 9月24日、岡山国際サーキットで全日本スーパーフォーミュラ・ライツ(SFL)選手権第2ラウンドの木曜専有走行がスタートした。今回、12台がエントリーしているSFL第2ラウンドだが、注目を集めているのは、53歳になる影山正美(MASAMI PROJECT with B-MAX)の参戦だ。初日、2時間ずつ2回、合計4時間のセッションを終えたが、今回の参戦のいきさつと、スーパーフォーミュラ・ライツの感想を聞いた。 【ダラーラ320を駆り岡山国際サーキットを走る影山正美】  1998年のJGTC全日本GT選手権GT500クラスチャンピオンにして、スーパー耐久王者などさまざまなタイトルを誇る影山。サッカーでは9月23日、J1リーグ第18節川崎フロンターレvs横浜FCで三浦知良選手が53歳での最年長出場記録更新を果たしたが、同じく53歳の影山のSFL出場決定は、モータースポーツファンにとっても大きな驚きとなった。  迎えた9月24日のSFL第2ラウンドの走行初日は曇り空だが蒸し暑いコンディション。11時40分からの専有走行1回目から、おなじみのドルフィンが描かれたヘルメットを被った影山がカーナンバー52のダラーラ320/スピースを駆りコースイン。最高峰ではないが、最先端のフォーミュラをドライブしはじめた。  影山はピットアウト~インを繰り返しながら少しずつペースを上げていくと、37周をこなし走行1回目は1分24秒254で7番手につける。わずか1時間20分のインターバルで始まった走行2回目では、44周を走り1分23秒612というベストで8番手で走行を終えた。  走行後、やや疲れをみせながらも影山は「ひさびさのフォーミュラは、メチャクチャ面白いですよ!」と2004年にCOSMO OIL RACING TEAM CERUMOからスポット参戦して以来のフォーミュラに笑顔をみせた。  今回の参戦のいきさつについて聞くと、「組田さんです」と影山はいう。自らドライバーDRAGONとしてスーパーフォーミュラ・ライツに参戦する、B-MAX RACING TEAMの組田龍司総代表のことだ。 「僕がレッスンをしている方が『フォーミュラに乗りたい』というので、まずはカート、シミュレーター、そしてF4、F3という流れでいかがですか? と提案したんです。その流れがすべて揃っているのはB-MAXなので、組田さんのところに連れて行ったんです」と影山。 「その方は相談してからずっとF4にレンタルで乗っていて、6月に昨年までサッシャ・フェネストラズ選手が乗っていたF3シャシーにF3-Nのエンジンをつけたマシンを購入されたんですね。それで練習されているんですが、その方と組田さんが話しているときに『影山正美が真剣に走っているのを見たくないか?』という話になったんです(笑)。そのおふたりのおかげで今回の参戦が実現しました」  今回はマスタークラスの参戦ではなく、オーバーオールの参戦。上位カテゴリーへのステップアップを目指す若手たちに挑むことになるが、目標について聞くと「とりあえず今回だけの参戦の予定ですが、高望みできるわけではありませんからね(笑)」という。 「乗るにあたってものすごく心配だったのは『何秒出るかな?』ということだったんです。B-MAXで昨年の組田さんのタイムを見たんですが、トップから1.5秒差だったんです。そこに入らなきゃいけないのかと(笑)」 「今回走ってみたらなんとかタイムは出たんですが、組田さんはやっぱり速いです。勝負できるタイムは出たのでなんとかひと安心ですね」  ピレリスーパー耐久シリーズではニッサンGT-RニスモGT3をドライブしており、決して最新のレーシングカーに乗っていないわけではない影山だが、スーパーフォーミュラ・ライツのスピードについては「ブレーキとコーナーは、僕が過去に乗ったレーシングカーのなかでいちばん速いですよ」という。 「鈴鹿では、昔僕が乗っていたF3000のタイムと同じくらい出るわけでしょう? ストレートではスーパーフォーミュラ・ライツの方が遅いということは、この歳になってブレーキもコーナーもいちばん速いクルマに乗るので、かなり探りながらいかなければならないし、クルマも若手のように壊すわけにはいきませんからね」と影山はその“すごさ”を語った。DRAGONも、こうして影山が現代の最新のフォーミュラに乗ることで、コーチングする際により現実に近い指摘ができるはずと期待する。 「今日、きっちり少しずつスピンも壊しもせずに走り切れたのは良かったですね」と影山。53歳ながら、その走りは年齢を感じさせないものだった。注目の9月26~27日のレースで、どんな活躍をみせてくれるのか、スタートから注目だ。 [オートスポーツweb ]

【関連記事】