Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

史上最高のスパイ映画トップ10&史上最低のスパイ映画ワースト10

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

サスペンスからコメディーまで、スパイはさまざまなジャンルの映画に登場する。 映画評論サイト「ロッテン・トマト(Rotten Tomatoes)」の批評家スコアをもとに、Insiderでは見る価値のあるスパイ映画とそうでもなさそうなスパイ映画をまとめた。 【全画像をみる】史上最高のスパイ映画トップ10&史上最低のスパイ映画ワースト10 史上最高のスパイ映画トップ10と史上最低のスパイ映画ワースト10を一気にチェックしよう。

『工作 黒金星と呼ばれた男』(2018年)

ハラハラドキドキ、身を乗り出してしまうような作品。 ロッテン・トマトのスコア:100%

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018年)

シリーズ最高傑作。 ロッテン・トマトのスコア:97%

『007 カジノ・ロワイヤル』(2006年)

ジェームズ・ボンド・シリーズの人気を再び高めた作品。 ロッテン・トマトのスコア:95%

『SPY/スパイ』(2015年)

主演のメリッサ・マッカーシーが素晴らしい。 ロッテン・トマトのスコア:95%

『善き人のためのソナタ』(2006年)

本質を突いた知的なドラマ。 ロッテン・トマトのスコア:93%

『スパイキッズ』(2001年)

他のファミリー向け映画とはちょっと違う。 ロッテン・トマトのスコア:93%

『ボーン・アルティメイタム』(2007年)

アクションと陰謀の完璧な組み合わせ。 ロッテン・トマトのスコア:92%

『ゼロ・ダーク・サーティ』(2012年)

気骨あるキャラクターのドラマ。 ロッテン・トマトのスコア:91%

『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015年)

スティーブン・スピルバーグの監督としての名声を確固たるものにした作品。 ロッテン・トマトのスコア:90%

『ニキータ』(1990年)

主演女優が素晴らしい、アートシアター系スリラー。 ロッテン・トマトのスコア:88%

『ベアリー・リーサル』(2015年)

的外れな青春コメディー。 ロッテン・トマトのスコア:26%

『007 カジノロワイヤル』(1967年)

耐えがたい。 ロッテン・トマトのスコア:25%

『スパイメイト』(2006年)

悪ふざけが過ぎ、内容がない。 ロッテン・トマトのスコア:17%

『アイ・スパイ』(2002年)

批評家の反応はいまひとつ。 ロッテン・トマトのスコア:16%

『ピンクパンサー2』(2009年)

ふざけ過ぎ。 ロッテン・トマトのスコア:13%

『ダブル・ミッション』(2010年)

ジャッキー・チェンの俳優としての才能が無駄に。 ロッテン・トマトのスコア:12%

『9デイズ』(2002年)

めちゃくちゃ。 ロッテン・トマトのスコア:10%

『ミス・エージェント』(2012年)

現実離れした、記憶に残らない映画。 ロッテン・トマトのスコア:6%

【関連記事】