Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高橋裕紀、ドヴィツィオーゾとの一騎打ちを制して手に入れた世界選手権初優勝/世界で活躍した日本人ライダー

配信

オートスポーツweb

2006年MotoGP第5戦フランスGP 250ccクラス  予選4番手グリッドからホールショットを奪った高橋裕紀(Humangest Racing Team)は、チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾとレース序盤から一騎打ちのトップ争いを繰り広げていた。 【写真】2006年MotoGP第5戦フランスGP 250ccクラス:アンドレア・ドヴィツィオーゾを抑える高橋裕紀(Humangest Racing Team) 「14年も前ってメチャクチャ大昔ですね(笑)。もちろん、いい思い出ですし、昨日のことのように覚えています」  裕紀が勝ってもドヴィツィオーゾが勝っても250ccクラス初優勝というシチュエーション。裕紀は、ワイルドカード参戦した2002年パシフィックGP、2003年日本GPと2度3位に入っていたが、2005年にレギュラー参戦してからは表彰台にも上がっていなかった。  一方、ドヴィツィオーゾは、250ccクラスで2年目という点は裕紀と一緒だったが、2004年に125ccクラスの世界チャンピオンに輝き、2005年は5回表彰台に立ちランキング3位という結果を残していた。 「いま思えばドヴィがレースをコントロールしていましたね。後に、マネージャーを交えて3人でいたときにフランスGPのことを話したことがあったのですが“油断”があったと言っていましたね」  実際、レース序盤にトップに立ったドヴィツィオーゾは、裕紀を引き離そうとするが、ドヴィツィオーゾを上回るペースで裕紀はついて行く。これを見たドヴィツィオーゾは裕紀を前に出し様子を見ていた。  そうこうしているうちに後方からは、兄弟で3番手争いをしていた青山博一と周平が追いついてくる。するとドヴィツィオーゾは、前に出ると再びペースアップ。これで裕紀を引き離してクラス初優勝というのが、ドヴィツィオーゾのシナリオだった。しかし、裕紀は、このペースにも対応する。 「レース終盤にドヴィがペースを上げたときに、自分がついていくことができたので“勝てるかも”という雰囲気になりましたね」  勝負はファイナルラップの最終コーナーに持ち込まれた。進入へのブレーキングで裕紀はドヴィツィオーゾのインを突き前に出るが、ドヴィツィオーゾは想定内とばかり、クロスラインを取り立ち上がりで抜き返す。しかし、ここからチェッカーまでの僅かな加速で裕紀が前に出て初優勝をもぎ取るのだった。その差、僅かに0秒098。 「ドヴィは、今もMotoGPの最前線で活躍していますし、すごく刺激になりますし励みになります。自分も全日本のトップでいなければおかしいと思いますからね」  世界を戦っていたときは、ドヴィツィオーゾと同じイタリア人マネージャーと契約していた裕紀。今もマネージャーとは連絡を取っており、ときおりドヴィツィオーゾに激励のメッセージを送っていると言う。  あれから14年。いまだに開幕しない2020年シーズン、裕紀は、日本郵便HondaDream TPから全日本ロードレース選手権に新設となるST1000クラスを戦う予定だ。ニューHonda CBR1000RR-Rとのコンビで本命のひとりに数えられている。 [オートスポーツweb ]

【関連記事】