Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【今こそお役立ち!休日作りおき料理】ハズさない味付けで応用自在、「牛肉すき焼き煮」ストック

配信

OurAge

外出自粛生活も1ヶ月をむかえ、毎日3度の炊事に辟易してくるころ。そんな時に食事作りをちょっと楽にしてくれる「週末作りたい」ストック。簡単でおいしく、体にやさしい家庭料理を提案し続けている、夏梅美智子さんの著作「ストックおかずの知恵」より、時間をかけて作るからおいしい「牛肉すき焼き煮ストック」レシピを紹介。 牛肉料理でハズさない味付けと言えば、砂糖としょうゆで煮た味がいいけれど、ここはストック。ねぎと春雨も仲間に入れて、すき焼き風に。汁気がなくなるように仕上げるので、野菜や卵を炒めた後に加えれば、味つけはこれだけで終了。だし汁で煮たじゃがいもと玉ねぎに加えれば、肉じゃがも簡単!それでは基本の作り方から。

●基本の作りおき【牛肉すき焼き煮ストックの作り方】 長ねぎ1本は斜め薄切りにする。春雨50gは熱湯につけてもどし、ザルに上げて食べやすく切る。フライパンにサラダ油大さじ1/2を強火で熱し、牛切り落とし肉300gをほぐしながら炒める。半分くらい火が通ったら、三温糖大さじ4を加え1分炒める。牛肉が半分くらい赤い状態で三温糖をからめると、味のなじみがよい。酒大さじ2、しょうゆ大さじ3を回しかけて手早く強火で炒める。汁気がなくなると牛肉がかたくなるので、手早く。最初に下ごしらえした長ねぎと春雨を加えて全体にからめ、出てくる水気を全体になじませながら汁気がなくなるまで煮つめる。密閉容器、または保存袋を使用し、冷蔵庫で4~5日保存できる。

■活用1.牛肉すき焼き煮ストックを使った簡単肉じゃが(2人分) じゃがいも2個はひと口大に切る。できれば面取りをして2分水にさらす。玉ねぎ1/2個はクシ形に切る。鍋にじゃがいもと玉ねぎ、だし汁1カップ、しょうゆ大さじ1、砂糖小さじ1を入れ、煮立ったら弱火にして落としぶたをし、約10分煮る。すき焼き煮ストック150gを加え、肉が温まったら火を止める。好みで七味唐辛子をふる。

■活用2.牛肉すき焼き煮ストックを使った甘辛卵炒め(2人分) 絹さや30gは筋を取り除く。フライパンにごま油大さじ1を強火で熱し、すき焼き煮150~200gを1~2分炒める。絹さやを加えて1分炒める。強火のまま、混ぜた合わせた卵2個、塩・こしょう各少々を回し入れ、大きく2~3回混ぜて火を止める。 撮影/野口健志 スタイリスト/肱岡香子

【関連記事】

最終更新:
OurAge