Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハチロクやシルビアは良かった! いま庶民が買える「スポーツクーペ」が激減したワケ

配信

WEB CARTOP

いまクーペは手が届きにくいモデルが多い

 現在の国産車のラインアップで減少の一途を辿っているのがスポーツモデルではないだろうか? 90年代くらいでは各メーカーが最低1車種は代表的なスポーツモデルをラインアップしていたが、今ではスポーツモデルを全くラインナップしないメーカーも存在するほどになってしまっている。 【写真】本当に走りのいいホットハッチ5選  そんななかでも、日産のNISMOシリーズ(マーチやノート)やスズキ・スイフトスポーツなど、いわゆるホットハッチと呼ばれるハッチバックタイプのホットモデルは一部気を吐いているが、クーペタイプのスタイリッシュなスポーツモデルはほぼ皆無といったところ。  国産メーカーの現行モデルに絞ってみると、トヨタ86/スバルBRZ、日産フェアレディZあたりがなんとか頑張れば手が届く範囲で、他はトヨタGRスープラ、日産GT-R、ホンダNSXと気軽に購入することが難しいモデルのみというのが現状である。  90年代ではレビン/トレノやシルビア/180SX、インテグラにミラージュアスティなど、比較的手ごろなクーペモデルも多く存在していたのに、なぜ今ではそれらのモデルは絶版となってしまったのだろうか?

日常のアシとして売れているハッチバックは派生車を作りやすい

 それは、ユーザーのクルマ選びが大きく変化したことが挙げられる。90年代では若いユーザーがマイカーとして比較的安価でスタイリッシュな前述のようなクーペモデルを選択することが少なくなかった。  そういったユーザーの多くは実用的なエンジンを搭載した中間グレードを選択し、全体の販売台数の底上げに貢献してくれていたからこそ、スポーツエンジンを搭載したトップグレードが存在できたのである。  一方、最近の若いユーザーは、より実用的なハイト軽ワゴンを購入する層が増え、そもそもクルマを所有しない率が上がったため、ベーシックなクーペモデルの存在価値が失われてしまったというわけだ。  その点、ハッチバック車は今でも日常のアシとして購入するユーザーが存在するため、それをベースとしたホットモデルを作りやすく、逆にベースモデルが存在しないクーペモデルはスポーティモデル専用車として高い価格のものしか存在しなくなってしまったと考えられる。  できればメーカーには手ごろなスポーティクーペの復活をお願いしたいところではあるが、採算の採れない車種に予算を割けるメーカーはほとんどいないというのが正直なところだ。

小鮒康一

【関連記事】