Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中国サッカーのスーパースターが衝撃宣言「共産党を滅ぼそう」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NEWS ポストセブン

 中国のサッカー界で活躍し、1992年から2004年まで13年間連続、中国代表に選ばれ、通算115試合41得点と中国のサッカー選手としては歴代最多得点選手であるカク海東夫妻が天安門事件31周年の6月4日、インターネット上で、「新中国連邦」の成立を宣言し、「中国共産党を滅ぼそう」と呼びかけた。

 これに対して、中国当局はただちに約数百万人のフォロワーを持つカク氏のSNS「微博(ウェイボー)」アカウントを閉鎖したほか、ネット上のカク氏に関する記事もすべて消去するなど徹底的な情報統制策をとっている。中国外務省スポークマンも「コメントする価値もない」などと無視する姿勢を示しているが、中国サッカー界のスーパースターだったカク氏の影響力は依然大きいとみられるだけに、中国のスポーツ界に衝撃が走っている。

 カク氏と妻の葉ショウ頴(よう・しょうえい)氏はネット上で「中国共産党の殲滅は正義のためである。中国共産党は、コミンテルンの資金支援を受けて中国で合法的な政府を転覆させたテロ組織だ。中国共産党による全体主義的な統治が人類に対する恐ろしい虐殺を引き起こしている」と強く非難した。

 葉氏はバドミントンの元中国代表としてシドニー五輪では銅メダリストを獲得しており、夫婦そろって中国のスポーツ界を代表する人物といえる。

 成功を収めた中国のスポーツ選手が公の場で中国共産党を公然と批判したうえで、共産党の打倒にも言及したのは初めてだ。

 カク夫妻の言動について、中国のスポーツ誌『体壇周報』は4日、「元サッカー選手のH氏が政権転覆や国家主権侵害の言論を行った」とし、「ハオ(Hao)」(カク氏の中国語読み)と強く批判したうえで、「今後H氏についての報道を一切行わない」と強調した。

 一方、海外を拠点にしている親中国系サイトではカク氏夫妻について辛辣なコメントを寄せている。「すでに中国籍ではなく、他の国の国籍をもつ『漢奸』(売国奴、国賊)である」「単なる引退選手であり、中国には何ら影響力もない」「中国内の資産をすべて処分し、海外に持ち出しており、今回の宣言は計画的だ」「今回の宣言は売名行為であり、海外での台湾系住民を狙った人気取りだ」などだ。

 中国外務省スポークスマンもカク夫妻の言動について「そうしたばかばかしい発言に対して、コメントすることに興味はない」とあえて素っ気なく答えている。

【関連記事】