Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヨーヨー・マ、クリス・シーリーらがNPRの人気企画に登場しリモート・セッションを披露

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 7月にアルバム『ノット・アワー・ファースト・ゴート・ロデオ』を発表したヨーヨー・マ(Yo-yo Ma)、クリス・シーリー(Chris Thile )、エドガー・メイヤー(Edgar Meyer)、ステュアート・ダンカン(Stuart Duncan)の4人が、アメリカの公共ラジオ放送NPRの人気企画「タイニー・デスク(ホーム)コンサート」に出演。アルバムにもゲストとして参加していたイーファ・オドノヴァンも迎え披露したリモート・セッションの模様がYouTubeで公開されています。  『ノット・アワー・ファースト・ゴート・ロデオ』はクラシカル・ミュージックのチェリストとして一線で活躍するヨーヨー・マが、アメリカン・ルーツ・ミュージック・シーンのスター・プレイヤーである3人と作り上げた2枚目のアルバム。2011年に初のアルバム『ゴート・ロデオ・セッションズ』を発表し、大きな反響を得ています。  「タイニー・デスク(ホーム)コンサート」は、NPRが「タイニー・デスク・コンサート」の名で長年続けてきた人気企画で、ミュージシャンをスタジオではなくオフィスに招き、収録したパフォーマンスを公開してきましたが、コロナ禍の下、現在はタイトルを変更し、ミュージシャンの自宅でのパフォーマンスを公開しており、これまでにビリー・アイリッシュやノラ・ジョーンズらが出演しています。ヨーヨー・マらはそれぞれ自宅から参加。ニュー・アルバム収録曲の「ユア・コーヒー・イズ・ア・ディザスター」「ワルツ・ウィットマン」とイーファ・オドノヴァンが参加した「トラッピングス」を披露しています。 Photo by Josh Goleman

【関連記事】