Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

巨人で守護神も開幕から19日で退団 解雇当日に「浅草観光」した助っ人とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

「50セーブを目指したい」

 外国人選手の獲得は非常に難しい。前評判が高くても日本球界で活躍できずに去る選手は少なくない。ただ、これほどファンが落胆させられた助っ人はいないだろう。巨人の球団史上最速の4月に解雇されたダン・ミセリだ。  ミセリは父親がエンジニアの仕事をしていたため、幼少期からメキシコ、ブラジル、ウルグアイ、イタリアなど世界各国を転々としていた。そのため、英語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語の4カ国語を習得。異国の文化に深い興味を示す性格は、育った環境が大きく影響しているのかもしれない。  1990年にロイヤルズにドラフト外で入団すると、95年には抑えで21セーブをマーク。98年には67試合登板で10勝5敗の好成績でパドレスのワールド・シリーズ進出に貢献する。2004年もアストロズで74試合に登板し、6勝2セーブを挙げた。メジャー12年間で579試合登板、41勝48敗35セーブの実績をひっさげて04年オフに巨人へ。入団会見で「メジャー6球団からオファーがあったが、新たな野球にチャレンジできるチャンスだと思った」と明かした上で、「50セーブを目指したい」と力強く誓った。守護神として期待は大きかったが、待ち受けていたのは悪夢だった。  オープン戦から危険な兆候はあった。直球は常時150キロを超えるという触れ込みだったが、140キロ前半と球速が出ず痛打を浴びた。4月1日の開幕・広島戦(東京ドーム)で1点リードの9回表にデビュー登板も、ラロッカに同点本塁打を浴び、緒方孝市にも勝ち越し弾を打たれるなど3失点で逆転負け。4月5日の横浜戦(横浜)も同点の12回に登板したが、多村仁にフェンス直撃のサヨナラ打を浴びて敗戦投手に。精彩を欠いた投球内容で首脳陣から二軍再調整を促されたが、「本人の同意なしに二軍に落とせない」という契約事項を理由にミセリが拒否した。  翌6日の横浜戦(同)で延長11回に巨人が1点リードすると、横浜ファンから「ミセリコール」が沸き起こる屈辱的な光景も。7日の横浜戦(同)で5点ビハインドの6回に登板したが、多村にはツーランを浴びるなど1回3失点で降板。「こんなリトルリーグみたいに狭い球場でやっているからだ」と報道陣に発言して波紋を呼んだ。10日の中日戦(東京ドーム)では10点ビハインドの場面で登板し、2安打を打たれるが4度目の登板で初の無失点に抑えたが、敗戦処理はメジャー・リーガーのプライドが許さなかったのだろう、17日のヤクルト戦(神宮)には山本功児ヘッド、阿波野秀幸投手コーチとの3者会談で右肩痛を訴えた。

【関連記事】