Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドラマ「恐怖新聞」白石聖演じるヒロインの恋人役に佐藤大樹、主題歌はRAMPAGE

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
コミックナタリー

つのだじろう原作によるTVドラマ「恐怖新聞」の追加キャストが発表された。松田勇介役を佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)が演じる。 【写真】左から白石聖演じる小野田詩弦、佐藤大樹演じる松田勇介。(メディアギャラリー他9件) 東海テレビ・フジテレビ系全国ネットの「オトナの土ドラ」枠にて、8月29日より放送開始される同ドラマ。佐藤が演じる勇介は、白石聖演じるヒロイン・小野田詩弦の恋人で、バイトを3つ掛け持ちしているフリーターという役どころだ。デリバリーサービスのバイトで出会った詩弦と恋に落ち、恐怖新聞と関わるようになったことから、勇介自身が潜在的に持っていた弱さやエゴが浮き彫りになっていく。 さらに篠崎林太郎役の駿河太郎、小野田蔵之介役の横田栄司、宮沢桃香役の片山友希、片桐ともを役の坂口涼太郎、蜷川冬夜役の猪野学が出演。またドラマの主題歌が、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの新曲「FEARS」に決定した。「FEARS」は9月30日にリリースされるニューシングルの表題曲となり、「自分が存在する事への不安」を歌うソウルフルなナンバーに仕上げられた。 「恐怖新聞」は、1日読むごとに100日ずつ寿命が縮まる「恐怖新聞」をテーマにしたホラー作品。週刊少年チャンピオン(秋田書店)にて連載され、映画、OVA、ゲームなどさまざまなメディア展開がされてきた。今回のドラマでは、演出を「リング」などで知られる中田秀夫らが、シリーズ構成を小説家の乙一が担当する。 佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)コメント まさに“奇跡のタイミング”でした。久々の連ドラ出演で、初のホラー作品。何より素晴らしい共演者の方々と一緒にお芝居が出来る事が、率直に嬉しかったです。また後輩グループのTHE RAMPAGE が、ドラマの主題歌を担当し、普段から仲の良いメンバー達もドラマ出演を喜んでくれました。 僕自身、ホラー作品を見るのは好きなのですが、根っからのビビりで…でも、お化け屋敷は怖いけど入りたがるタイプ。そんな自分が「恐怖新聞」に挑戦することで、また一つ役者としてもステップアップできそうです。演じるのは、白石聖さん扮する主人公・詩弦の恋人でフリーターの勇介。色んな恐怖や試練に立ち向かう詩弦を側で支えようとする、真っ直ぐで、爽やかで憎めないキャラクターになればなと。 中田監督が過去に撮られた作品も拝見していますし、今回の出演が決まりホラー作品を沢山見て勉強しました。人間離れした物の怖さはもちろん、"人間のもつ本来の怖さ"みたいものを演出するのが上手い方だなと思いました。 現場ではよく「今の○倍オーバーに!」や「ふたりの距離を今より○m 縮めて!」などよく数字を用いてアドバイスを下さいます!僕はダメ出しとかをドンドン言ってもらい たい“M役者”なので(笑)、指導してもらって嬉しかったです。 また台詞をさらっと言うのではなく、ひとつひとつ立てて、わかりやすく、聞き取りやすく、ということを意識しています。次から次へと恐怖や不幸が続くなかでも、詩弦と勇介のシーンでは、ニコって笑えるような穏やかなシーンやキュンとするようなシーンになればいいなと思っています。 「恐怖新聞」ほど、展開の読めないドラマは初めてです。設定もぶっ飛んでいて、挑戦的で、最後は「お見事!」という感じになっています。土曜の深夜、「そろそろ寝ようかな?」と思いながらふとテレビをつけた人が、「ちょっと待てよ!?」と眠気が覚めてしまうようなドラマだと思います。予想もできないような展開が次々とやってきます。ぜひ、楽しみに待っていて下さい! TVドラマ「恐怖新聞」 東海テレビ・フジテレビ系全国ネットにて、2020年8月29日より毎週土曜日23:40~24:35(予定) スタッフ 原作:つのだじろう『恐怖新聞』 シリーズ構成:乙一 脚本:高山直也 演出:中田秀夫、服部大二、井上昌典 音楽:兼松衆 キャスト 白石聖、佐藤大樹、駿河太郎、横田栄司、片山友希、坂口涼太郎、猪野学、黒木瞳

【関連記事】