Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

紀伊半島で1時間に120ミリ以上の猛烈な雨 記録的短時間大雨情報

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーマップ

 気象庁は、和歌山県と三重県で災害につながるおそれがある猛烈な雨が降ったとみられるとして、記録的短時間大雨情報を発表した。 【記録的短時間大雨情報 1時間雨量】 和歌山県  すさみ町付近 約110ミリ(午前10時30分)  串本町付近 120ミリ以上(午前10時30分)  古座川町付近 約110ミリ(午前10時50分)  新宮市南部付近 約120ミリ(午前11時00分)  那智勝浦町付近 約120ミリ(午前11時00分)  太地町付近 約110ミリ(午前11時10分) 三重県  紀宝町高岡 120ミリ(午前11時00分)  尾鷲市付近 約120ミリ(午前11時30分)  御浜町付近 約120ミリ(午前11時30分)

 低気圧の影響で西日本の太平洋側を中心に雨雲が発達している。けさは高知で猛烈な雨が観測されたが、活発な雨雲は東へと移ってきており、紀伊半島でも猛烈な雨が解析された。  このあとも全国的に雨となり、特に西日本の太平洋側や北日本を中心に非常に激しい雨や雷雨になる所があるため、土砂災害や河川の増水、低地の浸水、落雷、突風などに注意、警戒が必要だ。

記録的短時間大雨情報とは

 1時間に80ミリ以上の猛烈な雨を観測または解析し、さらにその地域にとって数年に一度程度しか発生しないような大雨である場合に発表される情報。周辺地域では、土砂災害や河川の増水など、災害の危険性が高まっているため警戒が必要となる。

【関連記事】