Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【特集】「NO日本」 韓国国民の本音はどこに?

配信

47NEWS

 しかし、Sさんは文大統領の言動に賛同しているわけではない。中でも「北朝鮮との経済協力で日本に追いつく」との構想には「日本に勝てるなんて国民は本気で思っていません」と手厳しい。それでも、「ここで日本に屈した姿勢を見せれば国民の非難を浴びることにもなるので、大統領の自尊心にかけて国民を鼓舞するようなことを言っているのでしょう」と一定の理解を示す。  さまざまな人に取材する中で見えてきたのは、韓国の人々も文大統領に対するいら立ちを強めているということである。中には「まだ朴槿恵大統領の時がマシだったのではないか?」と話す人さえいる。これらのことを踏まえると、日韓のマスコミは今こそ冷静な報道に徹して、両国民の融和をはかることに力を注ぐべきだと強く思う。  疑惑があるにもかかわらず側近である曹国氏の法相就任を強行したことに対する批判の声がさらに高まっていても強気の姿勢を崩そうとしない文大統領。その姿勢を維持することに躍起になってしまうがあまり、日本に対する姿勢と政策がさらに迷走してしまうことも懸念される。このように日韓関係はまだまだ予断を許さない状況にあり、関係悪化の解消は先になりそうだ。

 だが、そのことは真の意味で国民のためになるのだろうか? 疑問でならない。(釜山在住ジャーナリスト・原美和子=共同通信特約)

【関連記事】

最終更新:
47NEWS