Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

藤田ミノルが生放送で女子レスラーとラストマン・スタンディングマッチ!「ドラマチックなことがそうそう起きてたまるか」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バトル・ニュース

 5日、YouTubeLIVEスーパーチャットプロレス団体『チョコレートプロレス』第11戦『ラストマン・スタンディング・マッチ 水森由菜vs藤田ミノル』が行われた。  チョコレートプロレス(以下チョコプロ)はYoutube Liveでの配信を前提とした無観客団体であり、Youtubeの『Gatoh Move』チャンネルで配信中。旗揚げ戦には鈴木みのるが参戦し、その後も田中将斗や水波綾などが参戦している。  今回藤田ミノルとのワンマッチを行う水森は、『トロピカル★ヤッホー』をキャッチコピーにチョコプロの姉妹団体でありさくらえみが代表を務めるプロレス団体『我闘雲舞』で2018年にデビューした女子プロレスラー。  元々は声優を目指して上京した結果地下アイドル活動を2013年より行っており、我闘雲舞のアイドルユニット『おにぎりプロレス』と共演したことがきっかけでプロレスを初観戦し練習生に。デビュー半年でアジアドリームタッグ王者となり防衛を重ねたがレスラーとしては伸び悩み、我闘雲舞に藤田ミノルが参戦すると藤田の自分を曝け出すスタイルに感動し心酔し始める。  この思いを見ていたさくらえみは、本来5月5日の大日本横浜文化体育館大会のメインで伊東竜二の持つデスマッチヘビー級王座に挑戦するはずだった藤田ミノルを「2020年5月5日に、最も注目されるプロレスラーは藤田ミノルだったと思っています。そして、それは藤田ミノルになるべきです」とチョコプロにオファー。  藤田も「私にとっても大切な日だったので、トロピカルの鎧をぶち破りますよ」と意気込みを語り、水森も「コンプレックスや認められたいと思ってる自分に自信のない甘えてた部分を、誰も助けてくれない二人だけの試合で諦めたくない気持ちを出したい。今までだったら誰かを笑顔にしたいとか誰かのためにコメントしてたと思うんですけど、自分のためだけに戦います。好きになろうと嫌いになろうと構いませんからこの試合を見てください」と涙を流しながら訴えかけていた。

【関連記事】