Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サラン第一教会近くの体育大学進学塾に通う高校生18人がコロナ集団感染=韓国

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WoW!Korea

新型コロナウイルス感染症の集団感染が発生したソウル市ソンブク(城北)区のサラン第一教会近くにある体育大学進学塾に通う高校生18人が集団でコロナの感染判定を受けた。全員が同区の居住者で、このうち高校3年生の受験生が17人、残りの1人は2年生だ。 【写真】もっと大きな写真を見る 19日、ソウル市教育庁と城北区のA学習塾によると、この塾に通う高校生18人が同日、感染判定を受けた。 A学習塾によると、塾生60人と講師10人全員が前日(18日)、カンブク(江北)区保健所で診断検査を受け、18人が感染判定を受けた。残りの塾生42人と講師10人は陰性判定が出た。 感染した18人の高校生は皆、城北区に住んでいることが確認された。ただ、感染診断者が通う高校は、城北区とチョンノ(鍾路)区の10校に分かれていることが分かった。 A学生塾によると、感染経路はサラン第一教会と関連があると推定される。 A学生塾の関係者は「13日から18日まで塾は休み期間だった」とし「コロナが拡散しており、この日(19日)、塾を再開する前にみんなで診断検査を受けることにし、この過程で18人の感染者が発生した」と説明した。 続いて「感染判定を受けた塾生は皆、城北区居住者で、サラン第一教会と関連があるものと思われる」とし「教会とは親しくしているので、塾の外で会って感染した可能性もある」と付け加えた。 ソウル市教育庁の関係者は「感染判定を受けた18人の学生のうち、16人の高校は把握された」とし「ただ、感染者の身元を保護するため、学校名は公開できない」と話した。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

【関連記事】