Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ予防のマスクが肌荒れのもとに…男こそスキンケアに要注意

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
bizSPA!フレッシュ

紫外線は保湿でアフターケア

 紫外線対策は、まずは焼けないよう日焼け止めをしっかり塗ることが大切。今年はマスクをして外出することが多いと予想されるため、マスクで隠れていないところとそうでないところで焼け方に差が出る“マスク焼け”をしてしまう可能性も。  しかし、日焼け止めクリームをどんなに塗っても、ムラや汗によりダメージは必ず受けてしまうもの。ダメージを最小限に抑えるためには、しっかり“保湿”することが大切だ。 「日焼けした肌は脱水状態になっているため、刺激が少なく保湿力の高い化粧水をつけるのがいいでしょう。その上で、化粧水の成分が逃げないように乳液クリームの油分でふたをするのが理想ですね。保湿クリームのべたつきが気になる方は化粧水・乳液に加え、美容液の機能がひとつになった『オールインワンタイプ』のローションがおすすめです」  マスクはつい長時間着用してしまいがちだが、本来は自分の咳やくしゃみによる飛沫を防ぐためにするもの。ひとりでいるときや屋外で他の人と2メートル以上離れている場合は取り外すなど、マスクをつけるときとつけないときのメリハリを意識して、肌荒れや日焼けから肌を守っていきたい。 <取材・文/橋本岬>

bizSPA!フレッシュ 編集部

【関連記事】