Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

JALラウンジ特製ビーフカレーが我が家にやってきた 1袋1kgって何食分?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Aviation Wire

 空港のラウンジと言えば、カレーを思い浮かべるビジネスマンが多いのではないだろうか。ビールやシャンパンとともにラウンジのカレーをスマートフォンで撮影し、おじさんがSNSに投稿する様を嘲笑する「エアポートおじさん」というワードが数年前にバズったが、人様に自慢するかは別として、海外出張などに出かける際は、しばらく食べられない本格的な日本のカレーを食べたいというのは、多くの人にとって自然な欲求ではないだろうか。 【自宅に届いたJAL特製ビーフカレー】  中でも日本航空(JAL/JL、9201)が羽田と成田両空港の国際線ラウンジで提供している「JAL特製オリジナルビーフカレー」はファンが多い。一方で、広く一般にこのカレーをJALが自社販売することはなかったため、空港のラウンジでしか楽しめない味だった。ところが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で国際線の9割が運休となり、ラウンジのカレーも行き場がなくなった。そこで、8月27日から通販サイト「JALショッピング」での販売や、マイル会員向けにマイル交換を期間限定で始めた。  JAL便で海外取材に行く際は、私もラウンジでお寿司やこのカレーを食べるのが数少ない楽しみだ。5年前に特典航空券でパリ行きのファーストクラスに乗った際は、羽田のラウンジでカレーを食べ過ぎてしまい、肝心な機内食が苦行になったことすらあった。今回を逃せば自宅でこのカレーを食べる機会もないだろうと思い、カレー発売の記事を掲載した後、私もマイル交換で入手した。どんな荷姿で、どのような点に注意すべきなのだろうか。 ◆1kg=レトルト5食分  現在のところ、ビーフカレーの市販は12月31日まで。JALショッピングでは1kg x 2袋で6000円で販売しており、JALのマイルプログラム「JALマイレージバンク(JMB)」会員向けのマイル交換は「JALとっておきの逸品」コーナーで、1kg x 2袋を8000マイル、1kg x 4袋を1万4000マイルで受け付けている。  私は40万マイル弱を保持していたのと、8月27日初日の時点でJALショッピングのウェブサイトから発見できなかったこともあり、マイル交換にした。ちなみに9月10日午後0時30分現在、JALショッピングのトップページにある検索ボックスで「JAL特製オリジナルビーフカレー」と検索しても出てこない。いったいどうなっているのか。期間限定品なので除外しているのだろうか。  消去法でマイル交換を選んだ私は、あまり深く考えず「1kg x 4袋」を選択。しかし、1kgとはどの程度の量なのだろうか。発注量を知った妻からは「冷凍庫の空き具合を確認して頼んだのか」と詰問されたが、なんとなく入るだろうと注文した。レトルトカレーが200g前後なので、1kgは5食分程度と考えるのが妥当だろう。1袋3000円を5食分で考えると1食600円相当で、高級レトルトカレーと同じような値段になる。ちなみに1袋あたりの寸法は、約27cm×19cm×高さ2cmが商品紹介で記載されているものだ。  街のカレー屋さんはどうだろうか。現在は新橋から神田に移転してしまった「カレー屋 花一」は、以前は会社の近くだったのでカレーを食べるとなるとまず足を向けていた。ここは「普通盛」がライス300gとルー250gで、私は「ルーのみ大盛」というメニューを選び、ルーが430gの状態で食べていた。この状態だと、ルーがなくなりご飯だけ食べることがない。  ルーの使用量としては、1人前200gから400gの間に落ち着く人が多いのではないだろうか。 ◆冷蔵庫で24時間解凍  我が家に届くカレーの量がいまいちイメージできない中、9月3日にクロネコヤマトのクール宅急便で届いた。結果として冷凍庫には収まったが、商品紹介に「実際にラウンジで使用している商品をご用意いたしました」と書いてあるだけあって、見た目は業務用そのものだ。このまま電子レンジで解凍することはできない。  付属の説明書によると、解凍方法は冷蔵庫を使う場合は袋のまま24時間かけて解凍、流水では60分となっている。1袋目は冷蔵庫に1日放置して解凍してみた。  解凍後は食べる分だけどんぶりに移し、電子レンジで温めてからごはんにかけた。初回は2人で500g程度になるよう、袋から半分移した。説明書には特に電子レンジでの加熱時間が書いてなかったので、妻が600Wで3分30秒温めたが特に問題はなかった。200g前後のレトルトカレーの場合、600Wだと1分30秒程度なので、量に応じた時間だと思う。  肝心な味は、ラウンジで食べる味そのままで、それ以上でも以下でもない。牛肉もしっかりと入っていた。しかし、この味は空港で食べるものなので、自宅で食べるとなんとなく不思議な感じだった。ルーも多めにしたので、ご飯とバランス良く食べることができたので満足度は高い。  我が家にはまだ3袋あるので、賞味期限の12月17日までは何回かカレーを楽しめるが、やはり空港のラウンジという独特の雰囲気も、このカレーの味を構成する大事な要素だと感じた。

Tadayuki YOSHIKAWA

【関連記事】