Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヨシムラ機械曲チタンサイクロンマフラー「Duplex Shooter」インプレッション

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

ヨシムラの新作機械曲チタンサイクロンマフラー「Duplex Shooter」は、KATANA/Z900RS用として新規開発。各部の寸法はもちろん専用設計で、消音とパワーを両立する機構として、いずれもサブサイレンサー+バイパスパイプを採用している。 【関連写真×10枚】ヨシムラ機械曲チタンサイクロンマフラー Duplex Shooter

エンジン本来の資質が存分に満喫できるマフラー

旧車好きを取材すると、”今どきのバイクはつまらない”という言葉を聞くことが少なくない。筆者は必ずしもそう思わないし、そもそも、ただひたすらに性能を追求できた旧車と、厳しい騒音・排出ガス規制を前提にして生まれた今どきのバイクを、同じ尺度で語るのはフェアなことではないだろう。 とはいえ、今回テストした2台を体験したら、旧車好きも今どきのバイクの見方が変わるに違いない。ヨシムラが手がけたKATANAとZ900RSは、それぞれのモチーフになったGSX1100SカタナやZ1に勝るとも劣らないほど、ワクワクする乗り味を堪能させてくれるのだから。 筆者がそう感じた背景には、踏み応え抜群のX-TREADステップや、最新のアフターパーツを投入して動きが上質になった足まわりなどもあるのだが、最も大きな要素はマフラーである。逆に言うなら、ヨシムラが新規開発した機械曲チタンサイクロンDuplex Shooter(以下サイクロン)を体験すると、STDは本来の潜在能力を抑え込んだ、能ある鷹はツメを隠す仕様…という気がしてくるのだ。 【Duplex Shooterとは?】「デュプレックス・シューター」は、サブサイレンサーを設け、そこからも排気を行うヨシムラ独自の機構。初採用はZ900RSの手曲ストレートサイクロンで、今回の2車はそれに続く採用となる。黒塗装されたステンレス製サブサイレンサーの寸法はφ105×230mm。主目的は消音ながら、出力特性にも多大な影響を及ぼすと言う。 …と言っても、アイドリング中や巡航時のサイクロンの音は意外に控え目で、むしろSTDのほうがワイルドと感じるほど。このあたりをどう捉えるかは人それぞれだが、筆者としては、チタンという消音に不利な素材を採用し、短いサイレンサーにこだわりながら、よくぞここまでジェントルな音を構築できたものだと思う。ちなみに開発陣によると、消音とパワーの両立という面では、サブサイレンサーと、エキゾーストパイプのバイパスパイプが大きな役割を果たしているそうだ。 ―――いずれの車両用も1/2番と3/4番のエキゾーストパイプを連結。この機構の狙いもサブサイレンサーと同様に消音と出力特性の改善だ。パイプの外径は25.4/27mm(写真はZ900RS)。 では、どんなときにSTDを上回る感触が得られるのかと言うと、それはもちろん、スロットルを積極的に開閉したときである。パワーカーブに極端な差はないものの、サイクロン装着車はSTDより吹け上がりスピードが格段に速くなっているし、レッドゾーン手前の領域では、目が付いて行かなくなるほどの加速が体感できる。低回転域ではズヴァッ! という重厚な排気音が、回転の上昇とともにクゥオーッ! という刺激的な高音に変化する感触も、STDでは得られないものだろう。 それに加えて、減速時のエンブレが滑らかなことや、ハンドリングが軽くなっていることもサイクロン装着車ならではの美点だが、今回の試乗で僕が最も感心したのは、スロットルの開け方に対するエンジンの反応だった。 と言っても、ジワッと開ければジワッと、ガバッと開ければガツーンと反応するのは、STDもサイクロン装着車も同様である。でもサイクロン装着車は、まずジワッと開けたときの反応がSTDより優しいし、ここぞという場面でガバッと開ければ、STDより鋭くて力強いトルクと、これぞ並列4気筒! と言いたくなる咆哮が体感できる。このあたりを把握した筆者は、やっぱりヨシムラはライダーの気持ちをわかっているなあ…と、しみじみ感心。なお、操作に対するエンジンの反応が従順になったことで、コーナー進入時に車体を前下がりにしたり、旋回中にちょっと車体を起こしたりと、スロットルワークで姿勢を制御しやすくなったこともサイクロン装着車の美点だ。 冒頭で述べた要素について、念のために注釈を加えておくと、ヨシムラのKATANAとZ900RSは旧車っぽくなったわけではない。とはいえ、オブラートを取り去ったかのように、エンジン本来の資質が満喫でき、スポーツライディングが存分に楽しめるという点で、サイクロン装着車には、旧車に通じる雰囲気が感じられるのだ。

【関連記事】