Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

直前まで走れてたのに突然ウンともスンとも言わなくなる! 誰にでも起こるクルマのバッテリーの「突然死」とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

最近の高性能バッテリーは寿命がわかりにくい

「バッテリーの突然死」という言葉を聞いたことがあるだろうか?  従来のバッテリーは、エンジンのかかりが悪くなったり、エンジンの回転によってヘッドライトの明るさが変わるといった症状から、バッテリーの寿命が使づいてきたことを察知することができたが、最近の高性能バッテリーは、ダウンする直前まで最善の仕事をしてくれるので、寿命期の症状が表れずに突然死するケースが珍しくない。 【写真】クルマのバッテリーを長持ちさせる裏ワザとは  とくにプッシュボタンでスタートさせるクルマやアイドリングストップ付きのクルマだと、ECUが始動しやすく制御しているので、エンジンのかかりやすさでバッテリーの劣化の兆候を掴むのは難しい……。  バッテリーの突然死を回避するには、CCA(コールドクランキングアンペア)値が計れる専用のテスターで小まめに点検するのが一番。  しかし、不幸にも出先でバッテリーが突然死してしまった場合はどうすればいいのか?  オルタネーター等、充電系に異常がない場合、通常は走行中にバッテリーが突然死することはないが、もしクルマが止まったところが、人に迷惑をかける場所や危険な場所なら、ギヤをニュートラルにして、クルマを押してでも安全な場所に移動する。

ハイブリッド車が他車を救援することはシステム上できない

 それが難しい場合は、三角表示板を出し、発煙筒を焚いて、周囲のクルマに停車車両があることを知らせる。ハザードも点滅させたいが、バッテリーが空っぽの場合、それも難しいので、ボンネットを開けておくのもひとつの目印に!?  あとは、JAFか自動車保険の特約のロードサービスを手配する。  または、ブースターケーブルがあれば、他のクルマに協力してもらってエンジンを再始動させるための電気を分けてもらおう。いわゆるジャンプスタートだ。  やり方は、まず救援車・トラブル車の両車のエンジンオフにして、 1.トラブル車の+端子 2.救援車の+端子 3.救援車のー端子 4,トラブル車のエンジンブロック  の順にケーブルをつなぎ、救援車のエンジンをかけて、少しだけ回転を高めにして、トラブル車のスターターを回し、エンジンをかける(※両車とも12V車の場合)。 ※ケーブルを取り外す際は、取り付けの逆の順番で外す  厄介なのはハイブリッド車の場合で、ハイブリッド車の補機用バッテリーが上がってしまった場合は、「救援用端子」を使って、他車から電気を分けてもらうことができるが、ハイブリッド車がバッテリーが上がってしまった他車を救援することはシステム上できないので要注意!  根本的には、バッテリーが突然死する前に新品に交換するのが、最善の予防策。  バッテリーメーカーは、バッテリーの寿命は平均で2~3年としているので、できれば車検毎に交換。そうでなくても、交換から2年以上経過したバッテリーは、半年ごとに専用テスターで点検するようにしよう。

藤田竜太

【関連記事】