Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NPBは「レンタル移籍」導入すべき? 他球団で活躍できる選手は

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 サッカー界で盛んにおこなわれている期限付き移籍。通称「レンタル移籍」と呼ばれ、出場機会に恵まれなかった選手がレンタル先のチームで試合に出場し続けることで素質を開花させ、期限を終えて所属チームに戻るケースが多々見られる。レンタル移籍は移籍先のチームから所属するチームに対してレンタル料を支払うか、選手報酬の支払いを肩代わりする形態が一般的となっている。 各球団にゴロゴロ……「現役ドラフト」の実現で生き返る選手は?  NPBでレンタル移籍の制度はなく、認められているのは完全移籍のみ。移籍が活性化して「飼い殺し」の選手が減るレンタル移籍の導入を求める声が現場から少なくない。下記の選手たちは他球団に行けば活躍できる可能性を秘めている。所属球団にとっても、移籍期限が終われば選手が復帰するので大きなデメリットはない。プロ野球の活性化を図る意味でも、レンタル移籍は一考の余地があるだろう。 ※通算成績は昨季までの数字

・岸田行倫(巨人) ※通算成績 4試合出場、打率000、0本塁打、0打点 「将来の正捕手」の呼び声高い若手の成長株。今季は25試合に出場して自慢の強肩を見せると、課題の打撃でも打率.320をマーク。左投手には打率.500と驚異的な数字をマークしている。小林誠司が故障から復帰したため、9月18日に登録抹消。大城卓三、炭谷銀仁朗がいるため一軍の壁は厚いが、レンタル移籍が可能なら他球団で正捕手として活躍できる逸材だ。

・砂田毅樹(DeNA) ※通算成績 179試合登板、7勝11敗50ホールド、防御率3.71  2017年に62試合登板で1勝25ホールド、18年も70試合登板で24ホールドと救援陣に不可欠な左腕として稼働したが、今季は一軍登板がない。イースタンでは28試合登板で防御率1.37と安定した投球を続けている。救援陣の層が薄い球団は多く、即戦力として評価は高い。

・藤平尚真(楽天) ※通算成績 25試合登板、7勝12敗、防御率4.12  高卒ドラ1右腕はルーキーイヤーの17年に3勝4敗、防御率2.28と安定感あふれる投球で将来のエースを嘱望されたが、昨年は3試合の登板で未勝利、今季も1試合登板のみ。7月26日のオリックス戦(楽天生命パーク)に先発したが、初回に危険球退場でファーム降格と精彩を欠いている。潜在能力は高い右腕だけにもどかしい。

【関連記事】