Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

7時間以上旅行カバンに閉じ込められ、9歳の子どもが死亡 韓国

配信

ハフポスト日本版

韓国で6月3日、7時間以上旅行カバンに閉じ込められ、意識を失った9歳の子どもが死亡した。 警察によると、心停止および多臓器不全だった。 6月1日、継母の40代女は、義理の息子を横50cm、縦70cmほどの大きさの旅行用カバンに閉じ込め、外出した。3時間後に家に戻った女は、子どもがカバンの中で用を足したことを確認し、再び横44cm・縦60cm大きさのカバンに入れたという。 子どもは1日、午後7時25分に心停止状態で意識を失ったまま病院に移送されたが、意識を回復できず結局死亡した。中央日報によると、女が自分で119の救急隊を呼び「子どもが息をしていない」と訴えたという。 女は警察の調べに対して、「ゲーム機を故障させ、していないと嘘をついたため、しつけとしてカバンに閉じ込めた」と陳述した。 女は3日、児童虐待致死などの嫌疑で拘束された。警察は事件当時、家にいなかった父親にも話を聞いている。 中央日報によると、容疑者の女は1カ月前にも児童虐待が明らかになり、警察の取調べを受けていた。 当時、児童保護専門機関のカウンセラーが容疑者の自宅を訪問し、最近までモニタリングしていたと警察は説明している。 ハフポスト韓国版を翻訳・編集しました。

ハフポスト日本版編集部

【関連記事】