Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

菅田将暉、17年間誰も気づかなかったハマ・オカモトの“ボケ”に一発で気づく

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニッポン放送

7月27日(月)深夜、俳優の菅田将暉がパーソナリティを務めるラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週月曜25時~27時)に、4人組ロックバンド「OKAMOTO’S」のオカモトショウ、オカモトレイジの2人が生出演。番組では、菅田とOKAMOTO’Sのコラボレーション配信シングル『Keep On Running』が初解禁され、とあるCMでも共演するという2組が、その撮影の様子を語った。

CMについては、解禁前で「言えないことが多い」と前置きしつつ、撮影は菅田とOKAMOTO’Sのメンバーで行われ、5時間巻で終わらせたというエピソードを披露。和気あいあいと撮影が進む中、OKAMOTO’Sのハマ・オカモトと菅田のやり取りで、周囲が驚いた場面があったという。 レイジ:ハマくんがヤバかったんだよなぁ~! 菅田くん、本当に凄かったよね。 俺達、バンドをやってデビューして10年で、友達歴で言ったらもう17年ぐらいなんだけど。 菅田:OKAMOTO’Sはいつからの付き合いなの? レイジ:中1から一緒なんだよ。 菅田:すごいね! レイジ:みんな小学校はバラバラで、中学校で同じ校舎になり、同じ学年で仲良しグループになって、中3でバンドをやって。その歴史の中で誰も気づけなかったことに菅田くんは気づいちゃったよね……。 菅田:あはははは(笑) レイジ:ハマくんが喋ってるじゃん? ずっとなんか喋ってるし、人にすぐ突っ込むわけよ。 菅田:うん、そういうイメージあるよ。ハマくん以外の3人が好きに喋って、ハマくんが突っ込んで、回すみたいな。 ショウ:そうそう。 レイジ:何かのシーンで、「はい、カット」ってなった後に、一人でハマくんが「うわぁー……泣きの演技したわぁ……」って言っていて、俺は『なんか言ってんなー』って思い、いつも通り無視していたんだけど、やっぱ菅田くんは優しいから「いや、泣くとこあった?」って言ってあげていて(笑) 菅田:それは普通だよ! だってみんな同じ場所にいたのに、ハマくんが「うわぁー……泣きの演技したわぁ……」って言ったら、シーンとしたから「いま、泣くとこあった?」って、僕は普通の会話として、コミュニケーションとしてね。仲良くもなりたいし! レイジ:長いことやっているから、俺らはその空気感は無視しているわけ。 ショウ:言葉自体が入ってこないんだよね。 菅田:あはははは(笑) レイジ:『音が鳴っているなー』みたいな。空調のコォォォーって音みたいな感じ。 菅田:そんな領域なんだね。 レイジ:菅田くんが「いま、泣くとこあった?」って言った後、ちょっと間が空いて、菅田くんが「え、ハマくんがボケた時って、みんなどうするの?」って、マジのトーンで俺らに聞いてきて! それで「ハマくん、これ、ボケていたんだ!」って気づいたんですよね。 ショウ:気づいちゃったよね。 レイジ:捨てるほどあった発言みたいなものを、全部拾わずに来たけど、ボケていたんだ……っていう。 菅田:だから、ずっとハマくんはちょっと寂しい思いをしていたんだと思う(笑)。誰も拾ってくれないから、ずっと自分でボケて自分で突っ込んで。 ショウ:放置していたねー。 レイジ:俺らは本気で、気づいてあげられていなかったという。本気で触れてなかったんだよ。 菅田がハマの“ボケ”を指摘したことで、メンバー全員「ハマくん、これ、ボケていたんだ!」と気づかされたと、笑いながら回想。“ハマはボケない”という印象のせいで、これまで誰も気づかなかったそうで、ショウが「俺らの17年の歴史の中で、誰も気づけなかったところに菅田将暉は一発で気づいたわけ! 感動しちゃったよ、俺」と、感心しきりだった。

【関連記事】