Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ついにメスが入った中国「悪食文化」のルーツを探る

配信

新潮社 フォーサイト

 4月21日、WHO(世界保健機関)は、 「新型コロナの発生源が動物であることを、入手可能なすべての証拠が示している」  と発表し、発生源が噂されている武漢にある中国の研究機関であることを否定した。   だが、WHOが中国政府に“侵食”されていると見られているだけに、さながら「悪役レスラー」と組んだ「レフェリー」の判定のようなもので、俄かには信じ難い。  とは言うものの、アメリカが武漢に持ち込んだという説にも首を傾げざるを得ない。アメリカ犯人説の根拠として、大量のアメリカ軍人が新型ウイルス感染爆発直前の武漢に滞在していた点を挙げる向きもある。  たしかに昨秋、アメリカ軍人が武漢に滞在している。だが、彼らは第7回「CISMミリタリーワールドゲームズ」(10月18日~27日)への参加者であり、謀略工作要員と考えるのは単純に過ぎる。それに約100カ国から1万人ほどの軍人が参加していたのである。アメリカ軍人が不審な動きを見せたなら、どこかから“真相”は漏れ出すはずだが、それは現在に至っても聞こえてこない。  因みに、この大会にはタイからも、シリワンナワリー・ナリラタナ王女を含む55人の代表団が参加している。 「感染源」についても野生動物からバイオテロまで、諸説紛々として定かではない。これからも犯人探しから告発・非難合戦が、米中両国を中心にして延々と繰り広げられるだろう。  そして真相は、国際政治の力学が働くままに、最終的には薮の中に消え去ってしまうに違いない。 ■爆発的感染を引き起こした3要因  とはいえ改めて考えるに、今回の新型コロナの爆発的感染を引き起こした要因は、以下の3つに絞ることができるはずだ。 (1)中国共産党政権の独裁・隠蔽体質。 (2)中国人の内外における自由な移動。 (3)ゲテモノ嗜好という中国人の悪食文化。  このうちの1つでも止められていたら、初期の、それも極めて小規模の段階で、新型コロナ封じ込めに成功していただろう。  ところが習近平政権はそうはしなかった。  独裁・隠蔽体質のままに過ごしたばかりか、国民の移動制限も大幅に遅れた。気づいた時には、すでに新型コロナは国境を越えてしまっていたのだ。  その結果、感染者は193の国・地域で297万人を突破し、死者は20万人を超えている(4月27日午後3時現在)。  世界各国の苦闘を尻目に、習政権は「中国は世界に先駆けて新型コロナを抑え込んだ」と内外に向けて喧伝し、経済活動再開に向け動き始める一方で、新型コロナ対策の医療関連援助、いわば「新型コロナ外交」とでも呼ぶべき外交攻勢を仕掛け始めた。  そこで早速、 「共産党政権は新型コロナのパンデミックに関して、放火犯と消防士の両方の役割を果たしている」(米『ナショナル・レビュー』3月27日)  といった批判が起きることになる。  たしかに昨日までの「放火犯」が今日から「消防士」とは言い得て妙だが、この程度の批判に動じるような習政権ではあるまい。 ■農業農村部が発表した目録  だが、少しばかりは“後ろめたい気持ち”があるのだろうか。  どうやらここにきて悪食文化にメスを入れようとしているらしい。  4月8日、日本の農林水産省に相当する中国農業農村部が、食用、あるいは毛皮製品にしていい31種類の家畜と野生動物を記した「国家畜禽遺伝資源目録(徴求意見稿)」を発表し、5月8日を期限に関係者に意見を求めた。  31種類は豚、各種の牛、羊、馬、駱駝など18種の「伝統畜禽」と、各種の鹿、雉、狐、貉など13種の「特殊畜禽」で、正式決定する前にその是非をアンケート調査しようというわけだ。  だが共産党政権の上意下達の政治文化からして、関係者の反対意見が通るわけがない。だから今後、この31種類以外の販売は罷りならん、ということになる。  以下の4つが「目録」入りの原則とされる。 (1)長期にわたって人の手で飼育され商品化されている。 (2)食品としての安全、公衆衛生や生態系の安全が保障されている。 (3)民族的習慣が尊重されている。 (4)国際的なルールに合致している。  だが、従来から、ことに中国南部で好まれてきた犬が含まれていない。  広東文化を好み、留学時代の香港で犬肉に慣れ親しんだ筆者としては、「民族的習慣が尊重されている」とは言えないだろうと“抗議”をしてみたくもなる。  農業農村部の見解として伝えられるところでは、犬は「伝統畜禽」でも「特殊畜禽」でもなく「すでに『伴侶動物(ペット)』として『特化』している」ゆえに「国家畜禽遺伝資源目録」から外されているとのこと。かくて犬は、新型コロナ発生で命拾いしたことになる。  今でも「新型コロナの発生源は武漢の生鮮市場」というのが一般的な見方であるだけに、「野味(ゲテモノ)」の捕獲禁止は致し方のない趨勢だろう。  たとえば深圳では、5月1日を期して犬と猫の食用での取引が全面禁止になる。だが、早くも犬肉製品を扱う業者からは反対の声が上がっている。 ■あらゆるモノの薬効を記す『本草綱目』  なぜ中国人は、かくも野味に拘泥・執着するのか。  そこで思い至るのが、中国医学の古典と言われる『本草綱目』である。  地上に存在するありとあらゆるモノの本質を究め、その薬効を探ろうとする本草学の集大成として、明代に李時珍によって編まれた。いわば漢方薬学百科全書である。  この『本草綱目』の最終部分で、彼は人体各部が持つ薬効について研究の成果を詳細に記す。 〈かつては骨、肉、胆、血などなんでも薬になるという考えがあったが、残酷極まりないことだ。そこで人が使ったことがあり、捨て去ることの出来ないもので、人道に反しないものだけを挙げて説明し、残忍で邪穢なものは採用しないことにした〉  と断ったうえで、乱髪、頭垢、膝頭垢、爪甲、牙歯、人屎、人汗、人血、乳汁、目涙、陰毛など挙げてはいるが、どんな薬効があるというのか。  たとえば耳塞、つまり耳クソの項には、苦ショッパイ味で、温かいものは有毒。晒して乾燥させ、粟粒ほどの大きさを毎晩点けると、眼病に功能あり、とある。さらに、蛇に噛まれたらミミズのクソと混ぜ合わせて傷口に塗れば、黄水が染み出てきて直ちに快癒する、という。  人骨は、焼いて粉末にして酒と一緒に服用すれば、鞭打ちの刑を受けたとしても腫れることもないし傷も残らないとか。  この他、人魂、天霊蓋、人胞、人勢、人胆、人肉、木乃伊、方民、人傀など、なんとも奇想天外で凶々しい薬材が挙げられている。  それにしても、なぜ、これほどまでにも人体を薬材とすることに執念を向けるのか。偶然にせよ意図したにせよ、薬効を見つける前提として、人体を口にしなければならないはずだ。そこで不謹慎ながら考えてしまう。薬効発見が目的だったのか、それとも――。 ■架空の動物や日用雑貨の類まで  なにやら穏やかならざる問題ではあるが、この程度で立ち止まっていては先に進めない。  そこで敢えて豚を見ておく。『本草綱目』が挙げる豚の薬効には、治癒困難な狂病治療に役立ち、〈腎気虚竭を補(た)すける〉とある。  変わったところでは、能の演目などの古典に登場する架空の動物、猩々(しょうじょう)だろう。〈唇の肉が厚いのが上モノで、羹にして啜るがいい。食べると飢えることもなく、元気よく走り回ることができる〉とか。  こちらもとても実在しそうにない彭侯(ほうこう)という獣は木の精霊で、木の幹から捕れるそうだ。肉の味は犬に似ていて、食べると〈邪気を退け志を壮(つよ)くする」とのことだ。  人体や獣だけでなく、『本草綱目』には日用雑貨の類まで登場する。  たとえば、汗衫(汗の染みた下着)、孝子衫(両親を亡くした子供が身に着けた肌着)、病人衣、敗天公(破れ傘の骨)、草鞋、自経死縄(首吊り自殺で使われたロープ)、霊牀下鞋(死者を安置した寝床の下の履物)、死人枕席(死者が使った寝具)、暦日(こよみ)、鉄椎柄(金槌の柄)、馬絆縄(馬を引く綱)、縛豬縄(豚を繋ぐ綱)、尿桶など。  なんでも薬材になってしまう。これらが、どのような工程を経て薬となり、どのような薬効を持つのか。『本草綱目』は、そのことを詳細に伝えている。  新型コロナの宿主と伝えられるコウモリやセンザンコウの薬効を、李時珍はどのように記しているのだろうか――。 ■中国の“一面の真実”  形ばかりのアンケートとはいえ、「国家畜禽遺伝資源目録」を発表したことは、悪食文化撲滅への第1歩と評価できないこともない。  だが、 「犬がリスト入りしなかったのは農業関連畜禽管理から外れたことを意味するだけで、食用、あるいはブリーダーとは関係ない」  との農業農村部現場担当者の見解を伝えられると、彼らが悪食の習慣から脱するのは容易ではないだろうと悲観的にならざるを得ない。  それというのも「食用、あるいはブリーダーとは関係ない」という部分を“素直”に解釈するなら、食べるだけではなく食用としての繁殖ビジネスも可能となるばかりか、これまでも食用(滋養・強壮用? )に供されていながら「国家畜禽遺伝資源目録」から外れた他の数多くの「野味」についてはグレーソーン扱いと解釈することも出来るからである。 「上に政策あれば下に対策あり」の社会と言われているだけに、「国家畜禽遺伝資源目録」という「政策」に、「野味」を好む庶民はどのような「対策」で応じるのか。やはり注目しておきたいところだ。  最新情報システムである5G(第5世代移動通信システム)を駆使しながら、「邪気を退け志を壮くする」ために犬の肉に舌鼓を打つ――。  これもまた「中華文化の偉大な復興」を掲げる中国の“一面の真実”である。こう受け止めておかなければならないのか。

樋泉克夫

【関連記事】