Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

久々ゴルフその前に… スライスを防ぐ家練ドリル【リモートレッスン】

配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

忘れがちな腕と手首の動き、どう取り戻す?

新型コロナウイルス感染拡大による自粛生活が解除され、そろそろゴルフ場へ行ってみようという人は多いのではないだろうか。ただ、プレーから離れている期間が長く、ボールがつかまるかが心配…とスイングに不安視している声が聞こえてきそうだ。そこでスライス改善に効果的なドリルを、スイング理論に詳しい吉本巧氏に聞いた。(※以下、吉本氏解説コメント) 【写真】10年前のきょう 27歳ルーキー初V

カット軌道を直す2つのドリル

スライスの主な要因は、切り返しからダウンスイングにかけて、ヘッドがアウトサイドから入ってきて、インパクトでボールにカット回転をかけてしまうことが挙げられます。

そこで自宅にいながら、身近なアイテムを使用して、効率良く改善できる2つのドリルをご紹介します。

1.ハンガーを使用したダウンスイング確認ドリル

まずは自宅にあるハンガーを使って、ダウンスイングのアウトサイドイン軌道を改善し、インサイドからヘッドを下ろしていくイメージを習得する練習法です。ハンガーの両サイドを両手で握り、アドレスの姿勢をとります。

ハンガーを車のハンドルに見立てて、右に切るイメージで振り下ろします。ダウンスイング時の両腕の形が、理想的なダウンスイングの両腕の形になります。カット打ちを防ぎ、アウトサイドイン軌道を改善します。

反対にハンドルを左側に切る動きも確認してみてください。わざとアウトサイドイン軌道になってしまう動きも確認しておくと、ダウンスイングでの動きの違いが明確となり、改善するべき体の動きを把握しやすくなります。

2. フライパンを使用したフェースローテーション確認ドリル

ハンガーを使った上記のドリルでは、インパクトでフェースが開き気味に入ってきます。ただし、インサイドからヘッドを下ろす動きは、間違いではなく健全。この動きを基本にしながら、プラスして手首の動きを習得していきます。

フライパンのハンドルをクラブのグリップのように握り、直立してフライパンと両腕が一直線になるようにセットします。ハンドルの延長線上、フライパンの面の中心を動かさないようにしながら、面を開閉する動きを繰り返してください。

【関連記事】