Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『マティアス&マキシム』公開記念、『君の名前で僕を呼んで』『キャロル』など4作品上映へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 グザヴィエ・ドラン監督最新作『マティアス&マキシム』の公開を記念して、特集上映企画「4夜連続上映 恋に落ちる名作」の東京と大阪での同時開催が決定した。 【写真】ほか場面写真多数  今回の特集上映では、本作を描く上でドラン監督がインスパイアされたというルカ・グァダニーノ監督作『君の名前で僕を呼んで』をはじめ、トッド・ヘインズ監督作『キャロル』、バリー・ジェンキンス監督作『ムーンライト』、クリスチャン・ディッター監督作『あと1センチの恋』の4作品がラインナップ。  『マティアス&マキシム』では、幼なじみであるマティアスとマキシムが偶然のキスをきっかけに互いへの想いに気付く。今回のラインナップでも『君の名前で僕を呼んで』では初めての身を焦がすような経験が、『キャロル』では惹かれ合っていても許されない関係が、『ムーンライト』では消し去ることのできない秘めたる恋心が、『あと1センチの恋』では近すぎて言えない本当の想い、恋に落ちる瞬間がそれぞれ描かれている。  なお、今回の特集上映では4作全て特別料金の1100円で鑑賞することができる。  第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された『マティアス&マキシム』は、ドラン監督が『君の名前で僕を呼んで』に感銘を受け描いたという愛の物語。『トム・アット・ザ・ファーム』以来6年ぶりにドラン監督が役者として自身の作品に出演し、故郷モントリオールで親しい仲間とともに作り上げた。これまで一貫して描き続けてきた“母と子”というテーマから一新、2人の青年の友情と揺れる恋心に焦点を当てた。こちらは9月25日より、新宿ピカデリーほかにて公開される。

リアルサウンド編集部

【関連記事】