Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「気絶しそうに…」 元英国代表ジェラード、SNS連絡に感激した“アイドル”とは?

配信

Football ZONE web

英雄マラドーナからのSNS直接メッセージに驚き 「本当に嬉しかったよ」

 リバプールのレジェンドで、現在レンジャーズの指揮官を務めるスティーブン・ジェラード監督は先日、公式インスタグラムでかつて自分のアイドルだった6人の選手を発表。そこで挙げた元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏からメッセージが来たことを明かした。衛星放送「スカイスポーツ」が報じている。  新型コロナウイルスの影響で各国リーグが中断するなか、監督や選手たちがSNSを通じてサポーターと交流する機会が増えている。ジェラード監督は自身の公式インスタグラムにおいて、自分がサッカーを好きになるきっかけとなった6人を発表。元イングランド代表FWポール・ガスコイン氏、元イングランド代表MFジョン・バーンズ氏、元イングランド代表FWギャリー・リネカー氏、元ウェールズ代表FWイアン・ラッシュ氏、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏、そしてマラドーナ氏の名前を挙げていた。  その後、「スカイスポーツ」の番組に出演したジェラード監督は、リバプールのレジェンドである「ラッシュとバーンズは、私の2人のヒーローだった」と語ったうえで、「僕のリバプールでの2人はラッシュとバーンズだったけど、若い頃の(元イングランド代表FW)ロビー・ファウラーと(元イングランド代表MF)ジェイミー・レドナップも入れたかった。このチャレンジは10人まで伸ばす必要があったと思うけど、僕が選んだ6人には本当に満足しているよ」と自身の見解を示した。  また、ジェラード監督は今回投稿した後にマラドーナから直接メッセージが来たことを明かしている。 「実はメッセージを受け取って気絶しそうになったよ。マラドーナがインスタグラムで私にプライベートメッセージを送ってくれたんだ。彼からの返信を受けて、私は本当に嬉しかったよ」  自身のアイドルから連絡が来たことに、リバプールのレジェンドであるジェラードも喜びを隠せなかったようだ。

Football ZONE web編集部

【関連記事】