Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“家猫”最高って思ってほしい…ペットロスを癒す「新しい家族を待つ猫たちの居場所作り」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 黒×白のキュートなフェイスと、ユニークな仕草で多くの人に愛されたスコティッシュフォールドの“すこんぶちゃん”。昨年4月に突然亡くなってしまい、深い悲しみの中にいた飼い主さん(@kobcya)の元には、現在新たに6匹の保護猫が。再び猫たちと暮らし始めることができたきっかけと、すこんぶちゃんへの思い、そして新たな夢を聞いた。 【写真】ハチワレ猫好きにはたまらない圧巻の“ハチワレタワー”にお風呂ショット、躍動感あふれるわんぱく写真 ■4月に愛猫が他界…また猫と暮らす気持ちに踏み出したきっかけ ――まずは、現在一緒に暮らしている猫たちの猫種、性別、歳を伺えますでしょうか。 現在うちにいる子はすべて、動物愛護団体「高円寺ニャンダラーズ」の保護猫で、里親さんが見つかるまでの預かりです。全員がMIXの子で11カ月、5カ月、4カ月の3組の姉妹、兄弟が暮らしています。 ――保護猫活動は、いつ頃からされているのでしょうか? 2019年8月15日からです。すこんぶが亡くなってちょうど4カ月後です。 ――すこんぶちゃんがいなくなってしまって、本当につらい思いをされたと思います。新たに保護猫を迎えるまでに思い悩んだことや、心の葛藤はありましたか? すこんぶが元気な頃から保護猫預かりボランティアの話を打診されていて、まずは、ミルク猫(離乳前の子猫)を預かるということになっていました。4月にすこんぶが亡くなって、悲しくて悲しくて無気力になってしまい、預かりボランティアの話が具体化できないまま立ち消えになり、ただ悲しい日々を過ごしていました。 ――そんな日々を変えてくれたきっかけはなんだったのでしょうか? 保護猫活動をしている「高円寺ニャンダラーズ」の副代表の方と再度、話す機会があり、たくさん話を聞いてもらいなぐさめてもらったんです。 ――どんなお話をされたのでしょうか? 先代のポセイドンを亡くした後にすこんぶを迎え、悲しくて思い出すのも辛かったポセイドンの話を自然とできるようになった、という経験もあったので、いつかはまた猫と暮らすだろうとは思っていました。それでもしばらくはまだ…と及び腰になっていた私たちに、副代表は「ペットロスはペットでしか癒せないと思うけど、今はまだと思うなら無理をしなくていい。悲しいのは当たり前。それなら新しい家族を待っている子たちの居場所を作ってあげるのはどうか?」と提案してもらいました。 ――その言葉が、後押ししてくれたんですね。 猫と暮らす知識があって場所もある。それを無駄にするのは確かにもったいない! と預かりを始めることを決意しました。 ――前向きになれるきっかけになったんですね。 今では、預かり以外にレスキュー活動も積極的に参加しています。いろいろな生い立ちの猫に会って、考えさせられることもたくさんありますが、いい経験になります。 ――ペットロスを癒してくれたのも猫だったんですね。 これもまた副代表の言葉なのですが、「1匹救えなかったら次は2匹を救う」この言葉に強く共感し、すこんぶや亡くした先代たちを忘れずに目の前の子たちに向き合っていきたいと思っています。

【関連記事】