Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ダイヤモンドS】池添謙「審議のランプがつかなかったことは不満」メイショウテンゲンは惜しい2着

配信

競馬のおはなし

 1着の枠場に入るほどの僅差だった。レース後戻ってきた人馬は1着の枠場に入ったが、写真判定の結果ハナ差で敗戦。レース後池添騎手は「勝った馬が寄ってきているのに審議のランプがつかなかったことが不満です」と疑問を投げかけていた。 2着 メイショウテンゲン 池添謙一騎手 「道中はリズムよく折り合って流れに乗れました。勝負どころの動きも良かったし、直線も脚を使ってくれたんですけどね…。ただ勝った馬が寄ってきているのに、審議のランプがつかなかったことは不満です」  レース結果、詳細は下記のとおり。  22日、東京競馬場で行われた11R・ダイヤモンドステークス(G3・4歳上オープン・ハンデ・芝3400m)で16番人気、木幡巧也騎乗、ミライヘノツバサ(牡7・美浦・伊藤大士)が快勝した。ハナ差の2着にメイショウテンゲン(牡4・栗東・池添兼雄)、3着に2番人気のオセアグレイト(牡4・美浦・菊川正達)が入った。勝ちタイムは3:31.2(良)。  1番人気で川田将雅騎乗、タガノディアマンテ(牡4・栗東・鮫島一歩)は、7着敗退。

3連単は350万越え

 最低人気のミライヘノツバサがゴール前の大接戦を制した。直線ではメイショウテンゲンとの激しい追い比べで完全に並んでゴール。互いに譲らぬ攻防はミライヘノツバサに軍配があがった。検量前では二頭とも1着の枠場に入り、写真判定の結果が出るまで全くわからない接戦だった。単勝32250円、3連単は355万5600円の大波乱となった。 ミライヘノツバサ 23戦5勝 (牡7・美浦・伊藤大士) 父:ドリームジャーニー 母:タムロブライト 母父:シルバーチャーム 馬主:三島宣彦 生産者:諏訪牧場 【全着順】 1着 ミライヘノツバサ 2着 メイショウテンゲン 3着 オセアグレイト 4着 レノヴァール 5着 タイセイトレイル 6着 ステイブラビッシモ 7着 タガノディアマンテ 8着 サトノティターン 9着 ヴァントシルム 10着 ウインテンダネス 11着 ポポカテペトル 12着 ロサグラウカ 13着 リッジマン 14着 アドマイヤジャスタ 15着 タガノキングダム 16着 バレリオ

【関連記事】