Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今見ても斬新! CM出演者が話題になった80年代のクルマ5選

配信

GQ JAPAN

1980年代に登場したクルマのCMには、印象的な出演者が多い。そこで、モータージャーナリストの小川フミオがセレクトした5台のクルマと、そのCMを振り返る。 【写真を見る】あのハリウッド・スターも出演! 1980年代の懐かしの名車&珍車たち(44枚)

自動車広告は時代と結びついてきた。自分が昔をなつかしむ気分になっているせいか、いや、それだけでなく、そもそも往年の広告全般が興味ぶかい。 とりわけ1980年代のクルマは、俳優や歌手のコマーシャルと結びついているものが多い。 『日本のコピーベスト500』(宣伝会議)をひもとくと、クルマの宣伝用コピーでトップにきているのはトヨタ自動車の「白いクラウン」だ(順位はついていないけれど)。 中島啓雄氏が考えたもので、1969年に日本デザインセンターによって制作されている。当時は新聞がおもな媒体だった。このコピーが「大きいことはいいことだ」(森永エールチョコレート)と「ハッパふみふみ」(パイロット萬年筆)のあいだに入っている。 クルマの広告がテレビの”主役”になってからは、映像との組み合わせで、思い出ぶかいものが多く残っている。1980年代からはとくに、バブル経済を控えて、自動車企業が数おおくのテレビコマーシャルを作成した。 「1」CMは注目されてなんぼの世界もあるので、有名人を出して、注目度を高める。2)有名人の良いイメージ(メジャー、知性、爽やかさ、美しさ、鮮度等)を商品に付与できる。3)話題を作ることができる(あの有名人を起用するの?! なぜこの有名人を起用するの?等)。4)ターゲットと同世代の有名人を活用することで、ターゲットを明確にして共感性を高める」 上記は、多くの自動車メーカーをクライアントに持つ、大手広告代理店に勤務する知人が挙げてくれた有名人を起用する理由である。ただしネガティブな側面は当然ついてまわる。おなじひとは言う。 「ギャランティが高い(費用対効果)、ターゲットがアンチファンだった場合は逆効果、タレントが不祥事を起こす可能性がある(そうなると打ち切り)、起用した有名人が多くのCMに出すぎるとそのCMが印象に残らない、などがあります」 とはいえこの“型”にはまらないCMもあった。井上陽水氏が出演した初代日産「セフィーロ」のテレビコマーシャル(1988年)である。セフィーロのサイドウィンドウがするするっと開いて、笑顔の陽水氏が顔を出し、「みなさんお元気ですかぁ~?」と、いきなり呼びかけるものだ。 あまり深い意味は感じられないセリフである。しかもそれが、昭和天皇容態悪化による自粛のときとかさなったために、途中から音声がカットされ、いわゆる“口パク”になった。 ふつうに考えれば、キメの言葉が流れないのだから、広告効果が半減するわけだ。でも、この自粛が雑誌などでとりあげられた結果、かえって話題になり、そして、記憶に残る自動車コマーシャルとなったのである。 新型コロナウィルス感染拡大を経て、自動車業界は変化を余儀なくされるだろう。世界的な販売の落ち込みを経験したあと、販売店に頼った従来の売り方でなく、より効率よく、そしてコストカットできる販売法を編み出さないと生き残りが難しくなるかもしれない。 「車の販売システムが大きく変わるかもしれません。外部のイーコマースとの連動なども出てくるかもしれません」 IT企業でプランナーを務める友人の意見だ。2020年3月、オンライン販売への全面移行を報じられたテスラも例にあがった。 販売店対策であった有名人起用のコマーシャルが今後どうなるか……は、さておき、ここではひとつの節目を記録する意味もこめて、印象的なコマーシャルがあった1980年代のクルマを振り返ってみたい。

【関連記事】