Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レクサスGSが2020年8月に生産終了……最後の特別仕様車「エターナルツーリング」が6月1日発売

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

Fの遺伝子を受け継ぐアイテムが装備された集大成

 レクサスは、グランドツーリングセダン「GS」の生産を2020年8月をもって終了すると発表した。これに伴い、特別仕様車「エターナル・ツーリング」を設定し、6月1日(月)に発売する。 【写真】レッドのアクセントカラーがオシャレなインテリアなど画像ギャラリー  GSは1993年に初代モデルが登場。運動性能と快適性を両立させたグランドツーリングセダンとして人気を博した。日本市場においては、レクサスブランドが2005年より開業するに伴って3代目から発売を開始してきた。  今回の特別仕様車は、GS450h/350/300h/300 F SPORTをベースに、レクサスの走りの象徴である「F」から受け継いだアイテムを多数装備。エクステリアは、スピンドルグリル、アルミホイール、ドアミラー、リヤスポイラーなどをブラックを用いてスポーティさを強調した。  また、450hと350の2WDは、オレンジのブレーキキャリパーを採用するなど、より一層力強い走りを感じさせるスタイリングに仕立てられている。  インテリアは、GS Fで好評のアルカンターラ表皮やカーボンオーナメントパネルを採用。さらに、ドアトリムやメーターフードには、ブラック内装でも映えるレッドステッチを施したことでスポーティさを強調する。加えてドアトリムやステアリングの一部にも、フレアレッドの表皮を施したことで上質さとスポーティさを両立させた。 メーカー希望小売価格(税込み)は下記の通り。 GS450h“Eternal Touring” 900万円 GS350“Eternal Touring” 800万円(2WD/4WD) GS300h“Eternal Touring” 750万円 GS300“Eternal Touring” 710万円

WEB CARTOP

【関連記事】