Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

癒される!イルカとワンちゃんの「仲良し写真」に注目

配信

コスモポリタン

アメリカ・フロリダ州グラッシー・キーに住むイルカのデルタ(10歳)と、ゴールデンレトリバーのガナー(8歳)の仲良し写真が話題に! ゴールデンレトリバーのガナーと、イルカのデルタが初めて出会ったのは、8年前の「ドルフィン・リサーチ・センター」。そのとき、ガナーはまだ生まれて8週しか経っていなかったそう。

ガナーの飼い主で、同センターで働いているシニアトレーナーのマリー・ブラントンさんは、 <インサイダー>のインタビューで「トレーナーは、イルカとの関係を築き、彼らを個人として知るために努力しています。彼らには、できるだけ多くのことに触れさせたいと思っています」と語った。子犬だったガナーと毎日一緒に働いていたのも、そのためだったという。 「ガナーが初めてイルカたちの元へ行ったとき、私はガナーが吠えたり、興奮したりするのではないかと思っていたんです。けれどガナーは、全く逆のことをしました。横になって、イルカたちを見ていたのです」とマリーさん。そしてどうやらこの冷静な態度が、デルタの興味をそそったよう。当時のデルタは4歳で、マリーさん曰く「とてもフレンドリーで、遊び好きの好奇心旺盛な子」と表現。 「ガナーを連れて行くたび、デルタが一番に来ることに気付き始めました。彼は、まるでガナーと一緒に遊ぼうとしているかのように、自分のおもちゃを持ってくるのです」 そうマリーさんが言うように、ガナーはすぐにおもちゃを掴んで、デルタと一緒に遊ぶことを覚えたそう。

ワンちゃんとイルカという異種間の友情は、時間と共に深くなっていったけど、今では二人とも歳をとってしまい、月に数回しか会えなくなったという。 なかなか頻繁に顔を合わせていないものの、会えばガナーもデルタもお互いをすぐに認識して、デルタはいつも他のイルカよりも一番に挨拶に来るんだそう! 動物の種を超えた友情の深さに、癒されちゃいますね。

【関連記事】