Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

時津風親方が急性膵炎で緊急手術 正代の大関昇進伝達式は欠席へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 日本相撲協会は29日、時津風親方(46)=元幕内時津海=が急性膵炎(すいえん)のため同日夜に緊急手術を受けると発表した。同日朝から吐き気があり、病院で診断された。  師匠として参加予定だった30日に行われる関脇正代の大関昇進伝達式は急きょ、欠席。師匠代理として部屋付きの枝川親方(元幕内蒼樹山)と時津風親方のおかみさんが出席することとなった。  時津風親方は場所前、新型コロナウイルス感染防止のガイドライン違反により、秋場所を謹慎。部屋として57年ぶり大関誕生と、晴れの舞台ということもあり、伝達式には出席が許可されていた。

【関連記事】