Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

全てリモートで完結の「自宅発アイドル」オーディション 本日二次審査開催

配信

デビュー

 女子大生マーケティングを展開するKIRINZ主催の新アイドルグループメンバーオーディション「MODECON IDOL AUDITION」が22日18時より二次審査を開始する。 【写真】「MODECON IDOL AUDITION」のイメージビジュアル。  「MODECON IDOL AUDITION」オーディションは自宅にいながらアイドルになれるオンライン完結型アイドルオーディション。約4000名の応募者を対象に書類選考を行い、127名が二次審査に進出。二次審査・セミファイナル審査は、Web投票やTwitter投稿のリツイート数、MixChannelポイントの総合獲得ポイントによって選考。同時に特別審査員による審査も同時に実施。ファイナル審査合格者は、新アイドルグループのメンバーとなる。  二次審査進出者の参加地域は、北海道地方5名、東北地方6名、関東地方58名、中部地方17名、関西地方29名、中国地方2名、四国地方2名、九州地方7名、沖縄地方1名となっている。昨今の新型コロナウイルス(COVID-19)感染症感染拡大の影響によるリモートワーク実施や自粛の影響も考慮し、「自宅発アイドル」をテーマに、特技披露や面談などのファイナル審査も全てオンラインで完結するという。  なお、家入レオや乃木坂46など人気アーティストやアイドルグループに楽曲提供を行っている杉山勝彦氏が、新アイドルグループへの楽曲提供および特別審査員を務める。杉山氏は「このオーディションで生まれる新たなアイドルを楽しみにしています。合格された皆さんの個性をさらに輝かせられる楽曲を精一杯作らせていただきます。ですので、現時点では全くどんな曲になるか分かりません。これからはじまるプロジェクトのワクワクをメロディーと歌詞に乗せたいと思います。お楽しみに!」とコメントしている。

【関連記事】