Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

心臓外科医に聞く“withコロナ時代”の病院選びのポイントは

配信

Medical Note

新型コロナの影響・余波により、感染を恐れて病院の受診をためらう方や、院内感染の発生によって病院の機能が停止するといったことが見られ、心臓病の患者さんも例外ではありません。しかし、心臓病は適切なタイミングで治療を受けられなくなると命に関わる可能性があります。今回の感染拡大が収束したとしても、私たちはこれから、新型コロナウイルスと共存することになるでしょう。そんな“withコロナ時代”に、いかにして心臓手術を含めた診療を継続していくべきか、そして病院選びはどのように変化していくのか――。田端実先生(東京ベイ・浦安市川医療センター心臓血管外科部長、虎の門病院循環器センター特任部長)に、そのポイントを伺います。 ※本記事は、2020年5月18日取材時点の情報に基づいて記載しています。

◇withコロナ時代にも心臓病診療を適切に継続する重要性

新型コロナの影響で、医療もその形を変えつつあります。私たちは今、新型コロナウイルス感染症以外の診療をいかに継続していくかという課題に直面しています。その1つが心臓病の診療、特に心臓手術に関するものです。 国内の心臓病患者数は173万人にのぼるといわれ、死因の第2位となっています。新型コロナウイルス感染症による死亡率は10万人あたり0.5人(2020年5月現在)に対し、心臓病は同167.6人(2018年人口動態統計)。どちらも命にかかわる病気ですが死亡率で見ると心臓病のほうが高く、心臓病の患者さんが新型コロナの影響により必要とする治療を受けられないという事態は避けなければなりません。 心臓病には、心臓弁膜症や虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞<こうそく>)、心不全、不整脈などさまざまな種類があります。大動脈瘤(どうみゃくりゅう)や大動脈解離も心臓血管外科で扱う疾患です。これらの病気に対する手術は比較的侵襲(身体的な負担)の大きな治療で、“命を預かる治療”と言えます。新型コロナの影響が拡大するこの時代に、心臓血管外科医として心臓手術を行うことにはこれまで以上に責任が伴うと考えています。

【関連記事】