Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

錦織が疲労困憊 229分の“激闘物語る1枚”に国内外熱狂「競って競って勝った!!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

フルセットの激闘で撮られた1枚、錦織がクタクタになった様子とは

 テニスの4大大会・全仏オープンの男子シングルス1回戦で、27日に世界ランク35位・錦織圭が同34位ダニエル・エバンス(英国)とのフルセットの激闘を制し、6年連続初戦突破を果たした。3時間49分の死闘を制した錦織に大会公式SNSが注目。力を出し尽くしたことを物語る画像を投稿すると、国内外のファンから「ブラボー」「競って競って勝った!!」などと反響が拡大している。 【画像】「競って競って勝った」と熱狂! 激闘を物語るような姿とは…大会公式が脚光を浴びせた錦織の“激闘物語る1枚”の実際の画像  死力を尽くした。錦織がフルセットの激闘で逆転勝ち。気温も低く、怪我明けの30歳にとっては過酷なコンディションだったが、最後は勝ち切ってガッツポーズを作った。大会公式インスタグラムは「最後まで勇敢な試合」と記して画像を公開。錦織がラケットを手にだらりとネットに肘をかけて寄りかかった、激闘を物語るようなシーンだ。  大会公式ツイッターもバックハンドで打つ錦織の画像を公開し「マラソン・マン」「持久力で上回った」などとつづった。2つの投稿のコメント欄には海外ファンから「ブラボー」「行け、ニシ!!!!!!!!!!!!」「素晴らしい試合を演じた。頑張れ、ケイ!」「オーストリアのファンより。ブラボー、ケイ!」「ケイが全仏に帰ってきた……頑張れ!」と反響が集まっている。  日本人ファンからも「また応援できる幸せをありがとう」「競って競って勝った!! すごい!」「勝った!! 良かった!!」と熱い言葉などが届いた。錦織は2回戦で世界ランク73位のステファノ・トラバグリア(イタリア)と対戦する。

THE ANSWER編集部

【関連記事】