Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

石川遼のエースキャディがアマチュアにもおすすめ ツアープロも実践するパット練習“基本のき”【プロキャディからの助け舟】

配信

ゴルフ情報ALBA.Net

トーナメント会場にいる関係者のなかで、一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているのがプロキャディ。そして唯一ラウンド中にプロにアドバイスを送れる存在でもある。そんなプロキャディだからこそ、我々アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を知っているのではないか。今回は、昨年12月に石川遼のシーズン3勝目を支えた佐藤賢和キャディ。 ■苦手を消してポジティブに プロアマ共通事項がスコアアップにつながる 片山晋呉、石川遼、上田桃子、有村智恵、イ・ボミ(韓国)、テレサ・ルー(台湾)といった、超一流選手のバッグを担いできた佐藤キャディ。東北福祉大ゴルフ部出身で同期には宮里優作、岩田寛のトッププロに加え、同じキャディの道に進み、長く松山英樹のエースキャディを務めた進藤大典氏も。佐藤キャディも最初はツアープロを目指したが、現在は黒子の存在として選手を支えている。そんなトップ選手を見てきて思うことは、危機管理が徹底していることだという。 スコアなど気にせず、ただひたすらドライバーで飛ばしたいと思うのもゴルフの楽しみ方の一つだが、ほとんどのゴルファーはスコアアップを目指しているはず。「私のアドバイスで『100を切ることができた』などということが難しいのは承知の上で申し上げますが、一つ大事なのは、リスクマネジメントだと思います」と佐藤キャディ。 簡単にいえば、「自分の苦手分野、例えば池越えが苦手、ティショットのOBが多いなど、ウィークポイントを明らかにしておくことです。ドライバーを抜くことがあってもいいでしょうし、とにかく自分の力量以上のことをしないことではないでしょうか」。上原彩子は飛距離が出なくとも米ツアーでも通用するが、「上原プロはマネジメントが徹底しているからこその選手。上田プロもそうですし、あとはやっぱり片山プロ。とにかく言った通りに打つ技術があるので、失敗したときはこちらの言ったことが間違っていたということです」。あらためてマネジメントを見直すことが大事だということだ。 そんな佐藤キャディは、コースマネジメントについてプロと話すときに注意する点があるという。「プロはネガティブワードを嫌う傾向があるので、私がプロに話すときは『ここがダメ、あそこがダメ』ではなく、『あそこがいいんじゃないですか?』という言い方をするようにしています」。苦手分野を把握して、それを消し、ポジティブな発想でコースに向かう。プロアマ問わず、危険回避策がスコアアップにつながる。 ■とにかく1メートルの上りのパットで練習 考え方、コースへの臨み方を変えてみるだけでもスコアアップにはつながるが、一つスタート前に試してほしいことがあると佐藤キャディは提案する。「石川プロはスタート前、パットの練習が多いです。一番時間をかけますね。ただしこれは石川プロに限ったことではありません。プロもよくやっていますが、アマチュアのゴルファーの方にも共通していえるのは、まっすぐのパットをまっすぐ打つ練習をすることだと思います」。 グリーン上でファーストパットを打ったあと、1メートル前後のまっすぐのパットが残ることがほとんど。だからこその練習が必要というのもうなずける。「曲がるラインをいくら練習しても、コースに出ればラインは毎回違います。それよりは、1メートルの距離をまっすぐ打てる技術が大事になります。そして重要なのは、上りのパットで練習することです。下りだと緩んでしまうことがありますので、上りのパットでしっかりとまっすぐ打つ。意外とこの練習をしている方は少ないのではないでしょうか」。ツアー会場に行けば、多くのプロが1メートル前後のパットをひたすら繰り返す姿がある。「この距離だとカップが視界に入るので意外と緊張します。ここで自信をつけることもできますよ」。 スタート前にただ球を転がすのではなく、基本に返ること。さらに、「ロングパットの往復も効果的です。10メートルなら10メートル打って、今度は、最初に打った場所に折り返して打つ。傾斜も逆になりますし、その日のスピードの感覚をつかむという点では有効だと思います」。ツアープロの練習は、基本ばかり。アマチュアゴルファーも学ぶべき点は多そうだ。 ―― これまで数々の勝利をともにしてきた佐藤キャディ。石川の米ツアー挑戦時もそばで苦楽を味わったが、今後の夢は「オーガスタに行くことです。一度も行ったことがないので、石川プロと行けたらいいですね。また、米ツアーにももう一度行ってみたい気持ちはあります」と、ツアーキャディとしてさらにステップアップを目指す。今季は石川、ボミがメインになる予定だが、今後も黒子として選手を支え続けていく。 <ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】