Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NiziU…日本人中心のユニットが、世界の音楽シーンで台風の目となれるのか

配信

デイリー新潮

J.Y. PARKがプロデュース

 未来のK-POPアーティストを発掘する共同ガールズグループプロジェクト「Nizi Project(通称:虹プロ)」の最終メンバー9人が6月26日に確定、今秋にデビューすることが決まった。韓国の大手芸能事務所JYPエンターテイメントとソニーミュージックによる、テレビの公開オーディション番組は日本人中心にダイヤの原石を発掘したことになるわけだが、K-POPの鎧をまといつつ世界を席巻する日は来るだろうか。 【写真】日向坂46、「けやき坂46」時代に乗り越えた“3つの事件”

 グループ名は「NiziU」。これはプロジェクト名である「Nizi(虹)」と「Need YOU(君が必要)」を組み合わせた造語だ。日本人メンバー中心に構成されたNiziUは、果たして目論見通りに世界進出できるのだろうか。成功への試金石となる挑戦とプロデュース力に基づいた戦略がある。  TWICEの日本での成功でK-POPに関心のある人は、J.Y. PARKの名を聞いたことがあるだろう。  J.Y. PARK本人は音楽プロデューサーとして名を轟かせるよりも先に、1990年代の韓国では人気R&B歌手として知られていた。アーティストとしての彼の活動名はパク・ジニョン。  韓国の名門・延世大学に通いながら、ユニット「パク・ジニョンと新世代」で1992年にデビューするも泣かず飛ばす。その後はキム・ゴンモのバックダンサーを務めるなど下積み生活を経て、1994年に再デビューを果たす。  当時の韓国ではまだ馴染みの少なかったR&B歌手として再デビューすると、時代が彼に追いついたのか、R&B独特の歌唱法とセクシーダンスが話題となり、一気にスターダムへと駆け上がる。  そんな彼が自身の音楽をより広めるためにプロデューサーとして後進を育てたいというのは自然な流れであり、2000年代に入るとピ(Rain)やWonder Girlsなど、世界に通用するアーティストを育てたことで、その名を知られるようになった。  そして、満を持して日台韓の少女たちによるユニット「TWICE」をデビューさせると韓国だけでなく、日本をはじめとするアジア、世界へと彼らを進出させていく。パク・ジニョンプロデュースというブランドが世界の音楽シーンで俄然注目を集めるからこそ、アーティストを目指す若者は彼の下に集まって来るのだ。

【関連記事】